10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2017

11/19

Sun.

20:17:41

オットー・ネーベル展(Bunkamuraザ・ミュージアム) 

Category【美術館めぐり

オットー・ネーベル展
渋谷Bunkamuraで開催中のオットー・ネーベル展へ。オットー・ネーベルについては元々何も知らなくて、シャガールやクレーに惹かれて行ってみました。

オットー・ネーベル(1892-1973)は、ドイツ、ベルリン出身の画家。僕も初めて聴く名前だったのですが、抽象画で知られる芸術家だそうで、同じく抽象画の芸術家として知られるパウル・クレーとも親交があったそうです。

キャリア初期はシャガールを意識していたこともあって、幻想的な雰囲気な作品が多いのですが、キャリア後半は、パウル・クレーやカンディンスキーの影響もあり、抽象画が多くなってきます。
抽象画の作品は、タイトルが音楽用語のものも多く、オットー氏の中では、絵画表現と音楽はかなり相関しているようでした。カンディンスキーの作品も音楽と関連しているものが多いですし、抽象画を描くのは音楽を奏でるようなものなのでしょうかね。

彼の作品のひとつに「イタリアのカラーアトラス」(チケットに描かれている作品)というものがあるのですが、これは彼が訪れたイタリアの街の景観を、彼なりの感覚で色彩にして表したものです。街の風景をスケッチする代わりに色で表すなんて、なかなか洒落ています。すごく感覚的。
「カラーアトラス」のような色彩を重視した作品は、抽象画の時代の前に多いのですが、個人的には、このあたりの色彩でいろいろ試行錯誤している頃の作品たちが好きでした。

日本ではあまり知られていない芸術家ですが、クレーやカンディンスキー、シャガールの作品も見られるし、そのあたり好きな人にはオススメの展覧会です。
スポンサーサイト

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

[edit]

page top

 

2017

11/13

Mon.

23:23:40

Come With Me '15 

Category【恋愛なう

残業が長めになりがちな今日この頃。気づけば年末がすぐそこ。
また年が暮れる。遊んでばかりでダラダラなこの頃。この頃といわずいつもか。

殿と別れた後に、早速、新たな出会いがありました。早速すぎるって?笑
いつものごとくゲイなアプリでの出会い。
すでに何度か会っているのですが、けっこういいかんじだと思う。
あちらもそれなりに好意を持ってくれていそうな感じがする。

殿とはまた違うタイプの人なので、いろいろと新鮮です。
良い方向に進むと良いけれど。

"Come With Me"  Ricky Martin

thread: 男同士の恋愛

janre: 恋愛

[edit]

page top

 

2017

11/09

Thu.

22:11:00

RAINBOW (2017) - Kesha 

Category【聴いたアルバム

Rainbow [Tracks]
1. Bastards
2. Let 'Em Talk
3. Woman
4. Hymn
5. Praying
6. Learn To Let Go
7. Finding You
8. Rainbow

9. Hunt You Down
10.Boogie Feet
11.Boots
12.Old Flames (Can't Hold A Candle To You)
13.Godzilla
14.Spaceship
15.Emotional


2009年に"Tik Tok"をヒットさせて一躍注目のシンガーとなったKesha。2012年のアルバム"Worrior"のリリース以降、摂食障害でリハビリ施設に入っていたり、プロデューサーからの性的暴行を告白して訴訟を起こしたり、とても音楽活動に専念できる状態ではなかったようですが、4年ぶりにアルバムをリリースしてくれました。

人生のどん底だった4年間を経て、強く、優しくなって帰ってきた彼女のとってもパーソナルで力強いメッセージの込められたアルバムです。

過去の作品はEDM系で歌声もオートチューンで加工していることが多かったですが、本作はロックとカントリーの要素が強くてこれまでとは大きく異なるサウンドです。個人的にはこちらの路線の方が好み。ケシャの素の歌声を聴くことができるのも、なんだか新鮮に感じます。

彼女の今の心境がダイレクトに反映された曲が多いですが、いくつかの曲で「人生は短い」というフレーズが出てきます。全然思うようにいかなかった4年間、「こんなことしてる場合じゃない!」と焦る気持ちが募っていたのではないでしょうか。
僕も最近、人としての成長が感じられないままに気づけば30歳目前となっている自分の状況と月日が流れる速さに、「何やってんだ、こんなことしてる場合じゃない…」と焦りを感じることがあって、このアルバムを聴いているとそんな自分を叱咤されているような気分です。

ケシャのように壮絶な人生歩んでいるわけでもないですが、今の自分の心持ちとも重なる部分があるし、聴いていると前向きな気持ちになれるのでお気に入りのアルバムになりそうです。
-- 続きを読む --

thread: 本日のCD・レコード

janre: 音楽

tag: アルバムレビュー 

[edit]

page top

 

2017

10/24

Tue.

21:00:03

Music Up To Date 20171024 

Category【洋楽(英米)

追っかけているアーティストが新曲を発表しておりました。

"Too Good At Goodbyes"  Sam Smith
11月に3年ぶりとなる新アルバムをリリース予定です。相変わらず悲しい恋愛を歌っておりますが、「幸せな曲を書こうとしたけど書けなかった」とインタビューで言っていたので、次作も悲しげな仕上がりになるのでしょうか。すでに2曲目のシングルカットとなる"Pray"も発表しています。

"A Message to Myself"  Roo Panes
最近追っかけているイギリスのシンガーソングライターの新曲。
靄がかかった景色の中で聴きたい雰囲気。そろそろアルバム出さないかな。

"Gorgeous"  Taylor Swift
すでに"Look What You Made Me Do"で話題となっているテイラーが新アルバムから3曲目のシングルカットとなる曲を発表しました。僕はこれまで出ている3曲の中ではこの曲が一番好き。次のアルバムは前作"1989"とはまたガラリと方向性を変えたアルバムになりそうですね。僕の好みとは違う路線になる気がして不安。笑

thread: 最新音楽ニュース

janre: 音楽

[edit]

page top

 

2017

10/21

Sat.

18:04:01

Carousel '11 

Category【恋愛なう

10月入ってから急に寒くなりましたね。天気も悪いし、早くも夏が恋しい。
殿と別れましたが、以前より頻度は減ったとはいえ、普通に連絡取り合っているし、元々遠距離で会えないから、週末の過ごし方が変わるでもなく、別れた後も表面上僕の生活にはほとんど変化がありません。
でも、気持ち的には以前と違うなぁと感じていて、何というか、心の中にこれまで殿がいたスペースが空っぽというか、何かが抜けたような感覚。絶交したわけでもないし、また会おうと思えば会えるのだけど、自分の中では殿との関係が変わったんだということを認識しているゆえの感覚なんだと思います。超遠距離で、会えなくても、殿の存在は僕の心の中でしっかりと存在感を発揮していたんだと、今になってまじまじと感じています。

おセンチ気分に浸っている僕とは裏腹に、殿はあっけらかんとしていて(笑)、今度帰国したとき家に泊まらせてくれと、いつもの調子で僕の予定を聞いてきたくらいです。笑

別れてから、新たな出会いに向けて、早速ゲイなアプリを再始動しました。笑
再始動といっても、僕らお互いに付き合っている間もゲイなアプリ続けていたので、「彼氏あり、友達募集」を、「彼氏なし、恋人募集」に変えるくらいですが。

また一から他人と関係を築いていくプロセスを辿るのかぁと思うとちょっと面倒くさい気持ちも出てきますが、早速、アプリでやりとりしている人と近々会うことになったので頑張ろうと思います。笑

"Carousel"  Vanessa Carlton

thread: 男同士の恋愛

janre: 恋愛

[edit]

page top