09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2017

07/02

Sun.

17:59:52

愛があれば大丈夫('92) 

Category【毎日

先日妹が入籍しました。
自由奔放、というかちゃらんぽらんで、家事なんか少しもできない(やらない)妹なので、最初「結婚する」と言い出したときは家族みんな本気とは思っていなかったのですが(笑)、あれやこれやで入籍までこぎつけました。
わりと行き当たりばったりで生きているところがある妹なので、兄としては、結婚するということがどういうことか、妹が本気で考えてるのか心配で、本人や家族にも言ったりしていたのですが、本人含め家族はわりと「結婚したら多少変わるでしょう」と楽観的で、本当に大丈夫だろうかと一人疑心暗鬼でした。笑

でもついに入籍したし、妹も覚悟できたんだろうなと思っていたのですが、母曰く、「今マリッジブルーでテンション低い」とのこと。笑
しかも、入籍直前に彼氏に「入籍をもう少し先延ばししないか」と言ったらしく(予定通り入籍したのですが)、さらに心配になりました…笑
やはりいざ結婚するとなると、いろいろ大変なことも多いとわかってきたのでしょうか。妹に振り回される彼氏が可哀想…。

妹がマリッジブルーになってる理由の一つとして、相手の家との相性の問題がある気がします。妹の結婚相手の家が、とあるお堅い職業のおうちで、子どもは3兄弟なのですが、父も息子たちも皆同じ職業という筋金入り。家族観もわりと古風なようです。とりあえず、嫁は家庭に入るべしという考え方らしく、現在働いている妹にも仕事をやめてほしいらしいのですが、妹は仕事続けたいらしく、この後どうするのか不安なところ。
最初に相手の家のことを聞いた時から厳格そうな印象を受けたので、こんな家に妹が嫁いで大丈夫なんだろうか…と不安だったのですが、やはりなかなかハードルが高そうです。結婚って、夫婦2人だけでなく、家とか家族に関わる問題なんだなと実感します。このあたりのことは妹にとっても思っていたより大きな問題だったのではないかと思います。こればかりは、広瀬香美姉さんが歌うように「愛があれば大丈夫!」というわけにもいかないですからね。

ひとつ驚いたことがあって、相手がお堅い職業一家ということで、結婚相手であるうちの家は身辺調査が入ったようです。この職業の人と結婚するときは事前に調査されるってのは前に聞いたことがあったので、きっと調べられているんだろうとは家族一同思っていましたが、母から聞いた話では、相手方の両親と顔合わせの際に、「○○さん家のことちょっと調べさせてもらったんですが…」と、あちらの父親から言ってきたそうで。
調べられているんだろうとは思ってたけど、面と向かって「調べました」と言われて良い気分はしないですよね。「それ言う必要あるか?」と、驚いたのはそこです。笑 こちらから教えていないのに、うちの父親の会社での役職だったり、兄弟(僕)が今住んでいるところだったりを知っていたらしく、調査されてる側からするとちょっと気持ち悪いですよね。相手方のお父さんとしては、世間話の一環といった感じだったようなのですが、心地は良くないですね。

そんなお堅い家なので、僕がほんの少し心配しているのは、考え過ぎかもしれないけれど、仮にいつか僕がゲイだと家族にも打ち明けた場合、妹や妹の嫁ぎ先に影響しないかなということ。
以前、村上春樹の短編小説で、ゲイの主人公が家族にカミングアウトしたら、それが姉の婚約者の家族の耳にも入り、姉の結婚話が破談になったという話があったので、家によっては、そういう可能性もあるんだろうかとも思ったり。
「ゲイであること」の受け止め方って、人によって、家庭によって、全然違うと思うので、どんなリアクションがあってもおかしくないと思います。
まぁ、僕の場合はまず自分の家族(両親)が拒絶反応を示しそうなので、なかなか難しいところではありますが。。。

と、僕の話になってしまいましたが、妹夫婦には何とか2人の愛の力で上手く問題を乗り越えて、幸せな家庭を築いてほしいと思います。

「愛があれば大丈夫」  広瀬香美
♪どんなに迷っても泣いても 愛があれば大丈夫♪
スポンサーサイト

thread: 男同士の恋愛

janre: 恋愛

[edit]

page top

 

2017

06/17

Sat.

22:10:47

Sakartvelo Ⅳ  

Category【毎日

ジョージアのお土産たちを紹介して旅行記終わります。
ちなみに記事タイトルの"Sakartvelo"はジョージアのグルジア語名でした。
お土産お土産
ニコ・ピロスマニというジョージア出身の画家がいるのですが、彼の作品を見にトビリシの美術館に行きました。ピロスマニはピカソと同時代に活躍した画家なのですが、ピカソが「私の絵はジョージアには必要ない。なぜならピロスマニがいるからだ」と言っていたそうで、ピカソも一目置いていたようです。独特のタッチでジョージアの暮らしや人々を描いた絵が多いです。

お土産にポストカードと、ピロスマニの作品デザインの可愛い靴下があったので自分用に購入(笑)。ジョージアの伝統料理ヒンカリとハチャプリデザインの靴下も。こちらは友達に。
お土産お土産
観光地となっているジョージアなのですが、お土産のクオリティはあまり洗練されていない印象でした。お土産屋さんはたくさんあるけど、どもも似たようなものばかりであまり惹かれるものがない…。笑

グルジア文字の形が可愛らしいので、きっとグルジア文字デザインのお土産あるだろうなぁと期待していたのですが、全然なくてちょっとがっかりしました。ジョージア人はきっとグルジア文字のデザインの面白さに気づいていない。笑
グルジア文字を生かしたお土産で唯一見つけたのはこのグルジアアルファベットのコースター!

コーヒーカップは、たまたま地元のアーティストの工芸品を置いてるお店で見つけて一目惚れ。良い買い物をしました。ーく探せばこういうものを置いている素敵なお土産屋もあります。個人的にはこういう作家の作品を置いているお店だったり、街角のギャラリーでお土産買うのが好き。

見どころ満載で楽しかったジョージア。殿との素敵な思い出にもなって充実していました。本当に行って良かったと思います。日本からはアクセス悪いし、マイナーな旅行先ですが、オススメの旅行先です。ぜひまた訪れたい。今度は今回行けなかった西部に行ってみたいと思います。

thread: 海外旅行記

janre: 旅行

[edit]

page top

 

2017

04/15

Sat.

23:14:24

トランクカメラ 

Category【毎日

いつも写真はスマホで撮っているのですが、ちょっといいカメラを買ってみようかなと思っておりまして。旅行が好きなので、旅先で写真を撮るわけですが、やはりスマホカメラだと物足りなく感じることも多くて…。今度久しぶりの海外旅行にも行くし、せっかくなので新しいカメラをお供にしてみようかと。

というわけで、カメラを買ってしまいました。しかも、ミラーレス一眼!!
カメラど素人なのに大丈夫でしょうか。笑
ハイエンドなコンデジという選択肢もあったのですが、そういうのは価格的にミラーレス一眼とも近くなってくるし、だったらせっかくだし一眼デビューしてみようかと。カメラの性能が上がったところで、撮る人の腕前が悪かったら意味がないのですが、良いカメラを持てば頑張って勉強したり練習したりするのではないかという期待もあります。笑

"Nikon1 J5"という機種を選びました。この機種にした決め手は、コンパクトさとデザイン。ミラーレス一眼の中でも一番小さいクラスで持ち運びに便利そうなのと、レトロなデザインがかわいい。

まだ外に撮りに行ってはいないのですが、ようつべでカメラ講座を見て勉強中。笑
F値とかシャッタースピードとか、ちょっと難しいけれど、使いこなせるようになったら面白そう。練習する時間がなくて、殿に会いに行く旅行がデビュー戦となりそうです。せっかくの一眼なので、オート機能にお任せではなく、絞りとか自分で調整して撮ってみたいものです。

久しぶりの海外旅行を口実に買ったものは実はカメラだけではなく、スーツケースも新調してしまいました。海外出張もあるし。今使っているのはもう10年以上使っていて、傷だらけで車輪もガタが来ていて使いにくくなってきました。
これまで使っていたスーツケースと同じメーカーのものを買いました。スーツケースにしてはわりといい値段しましたが、長く使っていくことを想定して。前のも長く持ったから、きっと新しいのも使い続けられると期待。
新しいスーツケース軽いしキャスターも軽やかだし、だいぶ快適になりそうです。

久しぶりの海外旅行、ワクワクしてつい財布の紐が緩んでしまいます。笑
カメラもスーツケースも僕にしては高い買い物でしたが、長く使い続けていきたいです。

thread: 日記

janre: 日記

[edit]

page top

 

2017

04/09

Sun.

13:15:26

22 '13 

Category【毎日

先日、久しぶりに大学のゼミ仲間たちと飲んで来ました。
会う度にいろいろとニュースがあって、毎回みんなで喜んだり、悲しんだり。
今回のニュースは、男子2人が結婚するという話と、女の子が海外に1年ほど留学するという話。

結婚は意外というか、思っていたよりも早いというか。ゼミ仲間はわりとゴーイングマイウェイで好きなように生きてる人が多いせいか、他のコミュニティーよりも結婚してる人が少なかったんですよね。笑
今回2人結婚するということで、喜ばしくもあり、寂しくもあり。結婚してもたまの飲み会には来てほしいものです。

海外に行く人が多いのもこのゼミ仲間の傾向。昨年仕事や留学で3人が海外に行ったのに続きもうひとり。1年経ったら戻ってくるけれど、寂しくなります。

ゼミ仲間で飲むと毎回腹筋が痛くなるほど笑うんですが、今回もよく笑いました。
毎回ハッピーな気持ちで帰宅して、良いストレス解消になっている気がします。

"22"  Taylor Swift
♪We're happy, free, confused, and lonely at the same time
  It's miserable and magical
   Tonight's the night when we forget about the deadlines♪

thread: 日記

janre: 日記

[edit]

page top

 

2017

03/31

Fri.

23:05:15

Song for Bride '02 

Category【毎日

先日、中学の同級生の結婚式に参加してきました。
中学時代の友人で親しい友人というと、2人の部活仲間くらいしかいないのですが、今回結婚した友人はそのうちの一人。もう一人も今回の式に呼ばれていました。中学の同級生枠で呼ばれたのは僕ら2人だけ。久しぶりの部活仲間との再会です。今回結婚した友人とは成人式に会ったのが最後なので、会うのはじつに7年ぶりです。

今でもやりとりするような地元の友人はほとんどいないので、こうして結婚式に呼んでくれたのはすごく嬉しいことです。実はもともと海外出張の予定が入っていたのですが、式に参加したかったので、上司に相談して帰国を早めてもらいました。

中学時代に一緒に部活をしていた頃は、彼の結婚式に参列するなんて想像もしてなかっただろうけど、十数年経ってこうして結婚を祝えるって素敵なことだなぁと、彼の姿を見ていて思いました。結婚式に参列するといつも自分のことだったり、親のことだったりを考えてネガティブな気分になることもしばしばなのですが、今回は振り返ってみると、終始幸せな気持ちで過ごせた気がします。

一緒に参列した友人は、中学の頃からちゃらんぽらんでテキトーなタイプだったのですが、今回も朝待ち合わせていたら「まだ御祝儀袋用意してない!」と。笑
なんとか近くのコンビニでご祝儀袋と筆ペン買って用意できましたが、中学時代からまったくもって変わってない…笑

thread: 日記

janre: 日記

[edit]

page top