09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2015

08/20

Thu.

19:42:47

All American Boy (2015) - Steve Grand【アルバムレビュー】 

Category【ゲイミュージック

Steve Grand [Tracks]
1. Say You Love Me
2. Red, White And Blue
3. We Are The Night
4. All-American Boy
5. Soakin Wet

6. Lovin Again
7. Whiskey Crime
8. STAY
9.Next To Me
10.TIME
11.Better Off
12.RUN
13.Back To California

アメリカのゲイなシンガーソングライター Steve Grandがファーストアルバムをリリースしました!2013年にデビューシングル"All-American Boy"が発表されてから、シングルを何曲かリリースしていましたが、ついにアルバムが!

このアルバム、僕は彼の公式サイトで購入しましたが、スティーブの直筆サイン入りなのです(画像右上)!サイン入りは通常版より割高なんですが(笑)、ミーハーな僕は迷わずサイン入りを購入。笑

夏の青空をドライブしながら聴きたくなるような疾走感・爽快感のあるアルバム。
この季節にピッタリなので、夏が終わらないうちに紹介したかったのです。笑

②Red, White and Blue, ⑤Soakin' Wet, ⑦Whiskey Crime, ⑫RUNはドライブにピッタリ!このアルバムをお供にどこかにドライブ行きたい!

"Soakin' Wet"

①Say You Love Meや④All-American Boyといったノンケ男子への片想いを歌ったゲイ的ラブソングも必聴です。
ノンケに片想いした経験のある人なら共感できるハズ!

"All-American Boy"
デビュー曲。この曲でピアノ弾き語りはとてもかっこいい。

"TIME"
スティーブが可愛いくて切ないミュージックビデオ。

以前は自費でレコーディングやミュージックビデオなどの作成を行っていると言っていたスティーブですが、今回のアルバムの作成はKickstarterというファンドプロジェクトを通して世界中のファンから集めた資金で賄ったとのこと。歌詞カードには、資金を提供してくれたファンの名前が記載されています。

なかなか勢いが出てきたスティーブ。この調子で飛ばしてほしいですね。

ポチッとなー!
スポンサーサイト

thread: お気に入り&好きな音楽

janre: 音楽

[edit]

page top

 

2014

07/31

Thu.

23:25:54

Safe In My Hands - Eli Lieb 

Category【ゲイミュージック

アメリカのゲイシンガーソングライター、Eli Liebが新曲を発表しました。
今回の曲は、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーなど)の人々に向けて書かれた曲です。自分の性的指向について悩んだことのある人なら共感できる曲だと思います。
All Stateという保険会社が行っているLGBT支援のキャンペーンにも使われているようです。ショートフィルムも素敵です。

"Safe In My Hands" Short Film

♪So take my hand, don't be scared. We can go anywhere.
You don't have to run, you don't have to hide cause I got you, safe in my hands…♪

最後のシーンでイーライさんと男性が手を繋いでますけど、イーライさんは現在彼氏いないので、手を繋いでくれる人を待っているとのこと。笑
ちなみにこの曲はAll Stateのサイトで無料ダウンロードできます。

皆さんは自分の性的指向について悩んだことありますか?
僕は高校・大学とけっこう悩んでいたと思うんですけど(今だって悩むことはありますが)、前付き合ってた人はぜーんぜん悩まなかったようで、僕が悩んでると言ったら、「へぇー!真面目なんだね」なんて言われました。笑
その人の性格だったり周りの環境だったりでかなり変わりますね。

最近は色んなアーティストがこういう悩めるLGBTを励ます曲を歌っていますよね。
落ち込んだときに聴く曲って、音楽聴く人なら誰しもあるんじゃないかと思うのですが、僕が10代のときによく聴いていた励ましソングは、Mariah Carey の"Can't Take That Away(Mariah's Theme)"でした。
「誰も私の信念は奪えない」という力強いメッセージを込めた曲です。マライアさん自身が辛い状況にある中で作ったとてもパーソナルな曲だとのこと。サブタイトルにMariah's Theme=マライアのテーマとつけるくらいですもんね。

"Can't Take That Away" Live @ Billboard Music Awards 1999

ポチッとなー!!

thread: 同性愛・両性愛

janre: 恋愛

[edit]

page top

 

2014

05/26

Mon.

22:32:22

God's punishment or multicoloured variety in God’s garden 

Category【ゲイミュージック

前回の記事で紹介したユーロビジョンソングコンテストの優勝者コンチータさんについて気になるニュースを発見。

セルビアやモンテネグロの東方正教会の指導者が、彼らの国で発生した洪水の原因を、ユーロビジョンでコンチータが優勝したことに対する神からの天罰だと述べたというニュースです。

原文はこちら↓
「東方正教会指導者、コンチータを洪水の原因と非難」
Orthodox Church Leaders Blame Conchita Wurst for Balkan Floods


ゲイのドラァグアーティスト・コンチータのような存在は許されざることであり、そのような人間の罪を洗い流すために神が招いた洪水だということです。ゲイアーティストの音楽祭典での優勝を天災の原因にするなんて、意味不明すぎて、そんな理論を公の場で語っちゃうことにむしろ驚きなんですけど、それだけコンチータの優勝って欧州の人々にとって印象的な出来事だったということでしょうか。
一方で、オーストリアのローマカトリック教会からは、ユーロビジョンでの優勝を祝福されたとも書かれています。コンチータのような存在を"multicoloured variety in God's garden"と言及しているのが素敵です。

きっと10年前20年前には、彼女のようなゲイアーティストの存在がこんな大きな話題になることなんて考えられなかっただろうし、ましてユーロビジョンで優勝するなんて、きっと誰も想像していなかったでしょうね。

今のこの時代って、LGBTにとって激動の時代なんだろうなって思います。
ユーロビジョンにコンチータのようなゲイアーティストを国の代表として送り出す国もあれば、ゲイアーティストのテレビ出演を禁じる国もある。同性愛で死刑になる国があると思えば、同性婚して幸せに暮らせる国もある。
世界的に見たら、きっとLGBTに対する理解はまだまだ全然足りていないんだろうけど、でも着実に前進しているし、変化のスピードはきっとさらに加速していくと思う。


"That's What I Am" Conchita Wurst

2年前のユーロビジョンのオーディションで歌ったコンチータのもう一つの持ち歌"That's What I Am"
残念ながら2年前のオーディションでは2位で、ユーロビジョン出場はならなかったのですが。
個人的にはこちらの方が好きだし、きっとこの曲の方が彼女の伝えたいメッセージがストレートに出ていると思う。

♪That's what I am, that's what I'll always be
I don't wanna be silent 'cause this is my destiny♪

ポチッとなー!!

thread: 同性愛・両性愛

janre: 恋愛

[edit]

page top

 

2014

04/27

Sun.

15:12:49

Let It Go (2014) from Frozen 

Category【ゲイミュージック

アナと雪の女王観ました?僕はまだ観ていないのですが。

この映画の主題歌"Let It Go"がアカデミー音楽賞を受賞したと聞いたので、曲だけ聴いてみたのですが、ゲイピーポーにとっては、かなり共感する部分のある歌詞じゃないですか?笑

どういうストーリの流れでこの曲が歌われるのかまだ知りませんけど、プライドソングと言ってもおかしくないほどにしっくりきますね。

とりあえずダウンロード購入してしまいました。笑

"Let It Go" 松たか子吹き替え版(歌詞付き)


"Let It Go" Idina Menzel(with Lyrics)

この歌を歌ってる主人公もきっと何か大きな隠し事があるんでしょうけど、自分を押し殺して隠したり偽り続けるのって、大変なことですよね。

映画観なくては。

ポチッとなー!!

thread: 音楽のある生活

janre: 音楽

[edit]

page top

 

2014

01/11

Sat.

22:02:10

Stay (2013) - Steve Grand 

Category【ゲイミュージック

Steve Grand

アメリカのゲイシンガーソングライター スティーブ・グランド(Steve Grand)が新曲を発表しました。
今回のミュージックビデオもゲイロマンス満載の素敵な出来になっております。
スティーブのお相手の男性がイケメン。


こんなに堂々とゲイゲイしいと、ノンケのリスナーって殆ど付かない気がします。
ミュージックビデオも男同士のキスシーンとか、ささやかなベッドシーンとかあってノンケな人にはなかなか厳しいと思うし。
やっぱりレコード会社との契約も難しいようで、スティーブさんもミュージックビデオの撮影なんかは自腹でやってるみたいです。

でも最近は、プロモーションもYoutubeでできたり、音楽の販売もiTunesなんかでできるようになって、資金源に乏しいゲイアーティストや新人アーティストにとっても非常に便利な時代になりましたね。

ちなみに彼の曲はiTunesで買えますので、気に入った方はぜひ。


Stay


ポチッとなー!

thread: お気に入り&好きな音楽

janre: 音楽

[edit]

page top