FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2017

03/27

Mon.

22:01:58

宇宙図書館ツアー 

Category【ライブ・コンサート

宇宙図書館横浜で開催されたユーミンのライブに行ってきました。

ユーミンのライブは3年前の"POP CLASSICOツアー"に引き続き2回目です。

前回のライブは、まだユーミンを聴き始めたばかりの頃だったので、ライブで歌われた曲に知らない曲もいくつかあったのですが、あれからユーミンのアルバムは一通り聴きましたので、今回は知らない曲はありませんでした。笑

今回ちょっと珍しい人と一緒にライブに参戦しました。
いつも遊んでいる友達のお母様です。笑

いや、最初はもちろん友達を誘ったわけですが、平日ということもあり、難しそうということで断られ、他の友人に声をかけても断られ(そもそも世代が違う笑)、誰かいないかな~と思っていたところに、その友達から「お母さんがめっちゃ行きたがってる」と。笑
友人の母親といえど初対面ですし、年代も自分の親と同じほど離れているわけで、そんなコミュ力高くない自分としては非常に不安要素が大きかったのですが、他に誘う人もいないのでお母様と一緒に行くことを決断…。笑

実際会ってみると、子どもの友達と行きたいと言うくらいですし(笑)、人当りの良い方で、開演までの待ち時間もしゃべっていたらあっという間でした。聞けば、ユーミンと青春を過ごしてきた"ユーミン世代"のお母様。「当時どの曲が一番好きでした?」と尋ねると、「昔の曲だからぶっちくんは知らないんじゃないかな~。メロディーが思い出せないけど、安物のサンダル履いてて後悔した曲…あとは、付き合ってる子が家族に気に入ってもらえなくていつも家の手前までしか送ってもらえない曲があったんだけど…」と。1曲目は往年のヒット曲Destiny、2曲目はDowntown Boyという曲なのですが、曲名を教えてあげると「え、何で知ってるの!?」と驚かれました。平成のユーミンファンを侮るなかれ!笑

というわけで、わりと盛り上がったお母様とのライブ参戦。笑
加えて、今回ファンクラブ会員の友人から譲ってもらったチケットということで、かなり前方かつ真ん中の良席で2人で感動しました。友人に感謝。

肝心のライブ内容に全く触れていませんがまだツアー中なのでセトリは追記に。
-- 続きを読む --

thread: ライヴレポ・感想

janre: 音楽

tag: 音楽 

[edit]

page top

 

2016

11/10

Thu.

08:28:53

香美別邸2016 

Category【ライブ・コンサート

香美別邸冬の女王こと広瀬香美の弾き語りライブに行ってきました!!

冬の女王のシーズンにはまだ早い(この日は気温18℃快晴)ですが、一足先に女王様のウィンターランドを堪能しました。

広瀬さんのライブは初めてだったんですが、めっちゃ楽しい人でした。トークがハイテンション。広瀬さんの曲って基本ポジティブで、自由で、ユニークな(というより変な)曲もたくさんありますが、音楽から見える人柄と実際の人柄が今回のライブで一致しました。

歌も良かったです。広瀬さん本人も歌うことを楽しんでいるというのが伝わってくるエネルギッシュで自由奔放なパフォーマンスでした。力強く(ミスタッチも気にせず)鍵盤をたたいている姿が印象的でした。笑

ちょうどライブ前日にアルバムをリリースしたので、新曲も聴けましたし、後半は"promise"、"ゲレンデが溶けるほど恋したい"、"ロマンスの神様"といった名曲の連続。"promise"は数あるJ-POPの冬歌の中でも最高レベルだと思ってます。生で聴けて幸せ。ゲレンデ行きたい。

基本的には有名どころな曲を歌ってくれたのですが、1曲「ブランケットプリーズ」という曲を歌ってくれました。すごくあったかくなる曲で、広瀬さんの冬歌の中でも気に入っている曲なのですが、広瀬さんもすごーく好きな曲だと言っていてさらに好きになりました。笑
ラストは"Dear"でした。超遠距離恋愛を歌った広瀬さんの代表曲。超遠距離中の身としてはなかなか沁みるものがあります。笑
曲の最後、ピアノ弾くのを止めて立ち上がり、マイクなしで歌っていました。
マイクを通さない本当の生の歌声を聴けることってそうそうないですよね。
素敵でした~。

広瀬さん、今年でデビュー25周年です。冬を代表する名曲の数々がヒットしたのはほぼ20年前。僕が小学生の頃…笑 来ているファンの皆さんもアラウンドフォーティー世代の方が多かった印象です。河口恭吾のライブに続き、今回も最年少世代だったと思います。笑
25年経った今でも歌声は衰えることを知らず、全盛期と変わらない、いやそれ以上のパワフルさ。今年「ロマンスの神様」を再アレンジ・再レコーディングしてリリースしましたが、キーを上げているというから驚きです。

パワフルな歌声を浴びて元気になれた2時間でした。
今年の冬もプレイリストは広瀬さん!

"Dear"

ポチッとなー!

thread: ライヴレポ・感想

janre: 音楽

[edit]

page top

 

2016

06/27

Mon.

21:51:20

転がる石に生える歌 

Category【ライブ・コンサート

日記用
シンガーソングライター河口恭吾さんのカフェライブに行ってきました。
河口さんが全国のカフェを廻ってライブをするスタイルで、3年前から始まった企画。カフェでのシンプルでこじんまりとしたライブは河口さんの音楽にぴったり。

今回は下北沢のカフェ音倉というカフェでの開催。
一人は心細かったので、音楽好きな友人を誘って参加。笑
開場時間に会場に着くと、すでに入場待ちの参加者の列。今まで河口さんのファン層ってどんなものか考えたことありませんでしたが、意外にも?中年のおばさまが大半でした。思ったよりも年齢層高めだと思いましたが、よく考えれば、デビューして今年で16年になりますし、音楽スタイル的にも若者向けというわけではないですしね。参加者の中では僕らが最年少だったのではないでしょうか。
日記用Parkside
ライブの雰囲気はとても良かったです。それほど大きくないカフェに入り切る程度の人数ですから、こじんまりしていますし、何より河口さんとの距離が近い。MCの最中にお客さんの問いかけに返したりも。MCのトークも楽しくて、良い意味で「ふつーの人」っぽい河口さんの人柄が出ていました。

歌もとても良かったです。河口さん自身は「CDでも聴けるのにわざわざ来てくれて…」なんて言っていましたが、CDで聴くより歌声の綺麗さにドキッとします。
カバー曲も何曲か歌ってくれたのですが、ジブリ映画「紅の豚」のテーマ曲「時には昔の話を」はすごく良かったです。涙ぐんでる人も。隣の友人を見たら友人もウルウルしていました。笑
アンコールでは「桜」を披露してくれました。生歌のアウラ。また聴きたい。

ライブ後にはサイン会があって、僕は会場で購入したアルバムにサインしてもらいました。実は河口さんにサインもらうのは2度目(笑)
とっても良い時間を過ごすことができたカフェライブ。



日記用日記用
下北沢、久しぶりに訪れましたが、おしゃれなカフェからいいカンジの居酒屋まで、素敵なお店がいっぱいあって楽しそうな街です
。ライブ前に寄ったカフェでコーヒー。カップはWedgwood。デミタスサイズで750円のブレンドを注文しましたが、僕の好みではなかった。笑
夕食はカレー屋。下北沢はカレー激戦区らしく、人気のカレー屋がいくつかあります。そのうちの一つ、「般゜若」にて。イカスミ衣のカツとスパイシーなルー。美味しかった。けど、ちょっと高い。

ポチッとなー!

thread: ライヴレポ・感想

janre: 音楽

[edit]

page top

 

2016

04/17

Sun.

21:10:25

TIGERLILY 

Category【ライブ・コンサート

Tigerlily
シンガーソングライター鬼束ちひろのコンサートに行ってきました。
鬼束さんにとっては2年ぶりのソロ公演だそうです。

僕が初めて買ったCDが鬼束さんということで、僕が音楽を聴くようになったきっかけともいえる思い入れのある歌手です。今でも変わらず彼女の曲は聴いていますが、振り返れば10年以上聴いているんですね。ずっとライブに行ってみたいと思っていたのですが、途中活動休止していたり、復活したと思ったら、以前のような歌声でなくなってしまったり、なかなかタイミングが合わずにいたのですが、ついに生歌を聴くことができました。

早速ですけど、セットリストは以下の通りでした。
01. 月光
02. 眩暈
03. 私とワルツを
04. 惑星の森
05. 流星群
06. 茨の海
07. MAGICAL WORLD
08. ラストメロディー
09. everyhome
10. 陽炎
11. 帰り路をなくして
12. 蛍
13. Sign
14. King of Solitude
15. 嵐ヶ丘

音はピアノ伴奏と鬼束さんの歌声というとてもシンプルなスタイル。しかし鬼束さんの歌声をそのまんまに堪能できるとても贅沢なスタイルだと思います。

セトリは鬼束さんの曲の中ではかなりメジャーなものが選ばれている気がします。6thアルバム「剣と楓」、7thアルバム"TRICKY SISTERS MAGIC BURGER"からの曲はありませんでした。ライブのタイトルが"Tiger Lily"だったので、真っ先に"Tiger in My Love"という3rdアルバム収録の曲を思い浮かべて、絶対歌うだろうなぁ!と期待していたけど入っていませんでした。笑

生で聴く鬼束さんの歌声、感慨無量です。CDより迫るものがあります。圧倒されて息を呑んでいたのでしょうか、始まってから3-4曲目あたりまで呼吸が乱れて息苦しさが…笑 それくらいパワーのある歌声でした。
曲によっては少し歌いづらそうな場面もあり、やはり全盛期の頃の歌声ほどパーフェクトではないのかもしれないと思いましたが、それでも期待値は十分に超えていました。

鬼束さんの曲は大好きなものばかりで、何を歌ってくれても嬉しいのですが、特に印象に残っているのはラストスパートの歌声が凄かった③私とワルツを や④惑星の森。⑦Magical Worldもとても好きな曲なので聴けて良かったし、⑥茨の海や⑫蛍は生で聴いて改めて、歌詞や旋律そして歌声が本当に綺麗な曲だと感じました。

⑬Signは恋心を歌った明るい曲で、鬼束さんが肩を揺らして歌っているのが可愛かったです。笑 中学時代に観た音楽番組でこの曲を歌っていた鬼束さんの姿を思い出しました。あの時も幸せそうな顔で歌っていました。

ラストを飾る⑮嵐が丘は、「そして私は怪獣になった」という歌詞が印象的な曲です。鬼束さん自身のことを歌っているんでしょうか。もしかしたらとても内省的な曲なのかもしれませんね。タイトルのように力強くて荒々しい歌声が素晴しかったです。

1時間半、MCなしのぶっ続け。鬼束さんが曲以外で声を発したのは喋ったのは「次で最後の曲です。聴いてください嵐が丘」ってのと、最後にピアノ奏者とお辞儀をしたときの「礼っ!」という掛け声だけでした。笑
MCもけっこう楽しみにしていたのですけどね。笑
鬼束さんの歌声に圧倒されつつ、存分に堪能できた素敵な時間でした。

「茨の海」              「蛍」

今まで行ったライブで一番おひとり様が多いライブだった気がします。僕もひとりで行きました。僕の席は最後列から4列目だったのですが、会場が小さいこともあって、今まで行ったライブで一番ステージが近かったです。笑

ポチッとなー!

thread: ライヴレポ・感想

janre: 音楽

[edit]

page top

 

2014

10/07

Tue.

20:50:25

エルーシブ シャントゥーズツア 

Category【ライブ・コンサート

日記用日記用
マライア・キャリーの来日公演に行ってきました!
中学生の頃から彼女の音楽を聴き始めて、ずっとライブに行きたいと思っていたのですが、やっと行くことができました(ツアーでの来日は実に8年ぶりですかね)。

とにかく、いつもYoutubeやらDVDやらで観ていたマライアさんが、目の前で実際に歌っていることに感動です。歌う時の表情、風になびくロングヘア、ヒラヒラさせてる手、どれもがいつも画面の中で見慣れているマライアさんそのもので、「あぁ、本物のマライアだ!!!」と感慨無量でありました。

ライブ前に1曲目に何を歌うか友人と予想していて、友人は"Emotions"、僕は新作からの"Meteorite"と予想してましたが、どちらも外れて"Fantasy"でした。予想は外れたけれど、大好きな曲で初っ端からテンション最高潮です。笑
その後も、"Emotions"や"My All"、"Honey"など、キャリア初期のヒット曲もたくさん披露してくれました。
今回の選曲で印象的だったのは、5作目のアルバムButterflyからのエントリです。
"Honey"、"My All"あたりのヒット曲はともかく、"Breakdown"や"Babydoll"、
"The Roof"を歌ってくれたのには少し驚きました。特に、"The Roof"はButterflyの曲の中でも一番好きな曲なのですが、ライブで歌われる印象はなかったので本当に嬉しく思いました。今回はButterflyから5曲も選曲されましたが、やはりあのアルバムは彼女にとって大切な曲が詰まったアルバムなんでしょうね。

最近のパフォーマンスを見る限り、以前のように歌えるなんて思ってはいませんでしたが、やはり、マライアさんの歌声はかなり厳しいところがありました。バックコーラスやバックトラックのコーラスに頼る部分もかなりありましたし、リップシンクもあったと思います。これまでもいろんな所で披露しているTorey Lorenzとの"I'll Be There"のデュエットもしてくれましたが、昔と変わらないTorey氏の歌声と、マライアさんの辛そうな歌声があまりに対照的でファンとしては寂しく感じてしまいました。
早速ライブ参加者が撮影した動画がアップされてますし、「マライアの歌声にファンがっかり」なんて見出しの記事も出てきてしまいました。「高音域(High notes)が出ない」と書かれているのを見ますけど、今回や最近のライブを見ていると、高音というより、そもそも滑らかな歌声を発することが困難な感じに聞こえて、「の、喉大丈夫かいな…」と心配になってしまうカンジです。

けれども、こうして日本に来て、昔のように歌えはしなくとも、自分の大切な曲をファンに披露してくれたことに感謝感激ですし、このライブに参加できてホントに良かったと、来て良かったと思いました。正直、マライアさんが日本でライブしてくれるのはこれが最後になってしまうのではないかと思っているのですが、そんなことを考えつつフィナーレの"We Belong Together"、"HERO"を聴いていたらとてつもなく寂しくなりました。また来てくれると嬉しいけれど。

まだまだ始まったばかりのワールドツアー。
最後までなんとか無事にやり切ってほしいですね。

日記用-SET LIST-
01.Fantasy
02.Don’t Forget About Us
03.Emotions
04.Honey
05.Always Be My Baby
06.Thirsty
07.Shake It Off
08.Meteorite
09.Vision Of Love
10.Cry.
11.My All
12.Breakdown
13.I Know What You Want
14.Babydoll
15.Heartbreaker
16.The Roof
17.#Beautiful
18.I’m That Chick
19.Supernatural
20.I’ll Be There
21.We Belong Together
22.Hero


"The Roof"
この曲を歌ってくれたのには感激。
感情を掻き立てるメロディーといくつにも重ねたコーラスが美しいです。

ポチッとなー!!

thread: ライヴレポ・感想

janre: 音楽

[edit]

page top