01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2018

01/23

Tue.

23:09:42

Woman (2013) - Rhye 

Category【聴いたアルバム

Woman[Tracks]
1. Open
2. The Fall
3. Last Dance
4. Verse
5. Shed Some Blood
6. 3 Days
7. One of Those Summer Days
8. Major Minor Love
9. Hunger
10.Woman


カナダ出身のミロシュとデンマーク出身のロビンによるデュオ"Rhye"のファーストアルバム。2013年リリースとすでに時間が経っているのですが、最近見つけてリピートしているアルバムです。

最初に"Open"を聴いて興味を持ったのですが、アンニュイな歌声とサウンド、歌詞の雰囲気がとても自分好みでした。歌声だけ聴いて女性が歌っているのかと思いきや男(ミロシュ)で驚き。歌っているのは男だけど、聞こえてくるのは女性の歌声、というのが、男女どっちでもない・どっちでもいいユニセックスな感じがして面白いなと。

このアルバムを作成した当時はミロシュは結婚したばかりだったり、ロビンも意中の女性を追いかけて転居したりと恋愛真っ只中だったということで、それぞれの恋人との恋愛を歌った曲が多いようです。しかしながら、テンションの高いラブソングというのは皆無で、恋人を見つめる優しい眼差しであったり、恋の儚さだったりを感じさせるような、優しくてどこか憂いのある雰囲気。
しんみりじっくり想い人に思いを馳せるときに聴きたいアルバムです。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

thread: お気に入り&好きな音楽

janre: 音楽

tag: アルバムレビュー 

[edit]

page top

 

2018

01/15

Mon.

21:57:21

Music Up to Date 20180115 

Category【洋楽(英米)

最近見つけた気になるアーティストたち

"IDGAF"  Dua Lipa
イギリス出身のモデル兼シンガーソングライター。僕は最近彼女のことを知ったばかりなのですが、昨年のサマソニに出ていたりすでになかなか人気があるようです。低めのソウルフルな歌声が素敵。"IDGAF"は"I Don't Give A Fuck"(どうでもいい)の頭文字。強気な歌詞がかっこいい。曲もミュージックビデオもスタイリッシュで素敵。


"Moments Passed"  Dermot Kennedy
アイルランド・ダブリン出身の新人シンガーソングライター。まだEPを1枚出したばかり。ハスキーな歌声がかっこいい。この曲は彼の最新曲ですが、重苦しいサウンドと鬼気迫る歌声が素敵。


"Unknown (to you)"  Jacob Banks
こちらもイギリス出身のシンガーソングライター。歌声も曲もかなり好み。
スタイル良くて、Tシャツにジャージみたいなパンツ履いてるだけなのにめっちゃかっこいい。

thread: お気に入り&好きな音楽

janre: 音楽

[edit]

page top

 

2017

12/13

Wed.

22:52:34

フユウンメ(中孝介) 

Category【ライブ・コンサート

奄美出身の島唄シンガー中孝介のコンサートに行ってきました。
中ファンの友人に誘われて行ったのですが、僕自身は、実は2作目のアルバムくらいで聴くのを止めてしまったんですよね。個人的にはメジャー1作目のミニアルバムはいいなと思ったのですが、2作目のポップ路線がイマイチに感じてしまって。
そんな状況なので、セットリストの中にも知らない曲がたくさんありましたが、それでも歌が上手い人のパフォーマンスは惹きつけられます。

「地上で最も優しい歌声」というキャッチコピーがついている中さんですが、今回のライブで最も歌声が良いなぁと感じたのはアンコールで披露してくれた奄美の島唄でした。やはり島唄の歌い手なんだなぁと実感。
ポップソングも多く歌っている中さんですが、ポップソングだとどうしても中さんの歌声の良さが発揮しきれない曲も多いと思うのです。元ちとせもそうですけれど、あのコブシを効かせた歌唱は歌う曲を選びますよね。中さんの島唄は初めてちゃんと聴きましたが、ポップソングを歌っているときよりも歌声がずっと自然で美しいと思いました。

「サヨナラのない恋」という曲を歌ってくれたのですが、この曲実は河口恭吾さん作詞作曲なのです。中さんの歌唱にも合っていて歌いこなせているのと、やっぱり河口さん良い曲書くなぁということで、聴いていてとても嬉しくなりました。笑

アンコールがわりとボリュームたっぷりで、数曲歌ってくれましたが、最後の最後でピアノ弾き語りで披露してくれた「家路」がとても良かったです。中さんの音楽を聴くきっかけになった曲なので、やはり良い曲だなぁと。

新しいアルバムに手を出すの控えていたけれど、聴いてみようと思います。

「サヨナラのない恋」   中孝介

thread: LIVE、イベント

janre: 音楽

[edit]

page top

 

2017

11/23

Thu.

18:17:52

シンドローム(2017) - 鬼束ちひろ 

Category【聴いたアルバム

シンドローム [曲目]
1. good bye my love
2. 碧の方舟
3. 弦葬曲
4. Sweet Hi-Five
5. ULTIMATE FICTION
6. 悲しみの気球
7. シャンデリア
8. 火の鳥
9. good bye my love

(acoustic version)



リリースからだいぶ経ってしまいましたが、2月にリリースされた鬼束ちひろの7枚目のアルバム「シンドローム」。
バンド名義でのアルバムを2014年にリリースしていますが、鬼束名義でのオリジナルアルバムは実に6年ぶりとのこと。活動休止や復帰後の音楽的・ビジュアル的迷走だったり、DV騒動だったり、ファンを不安にさせるばかりだった鬼束さんが、ついに完全復帰を果たしたと言える作品だと思います。僕が聴いているアーティストの中でも一番ファン歴が長いアーティストなので、こうしてまた彼女の音楽が聴けるのは嬉しい限りです。

かつてド派手なメイクでロックな曲を歌ってみたり、酒焼けしたような掠れた声で歌っていたりしたとは思えないほど、キャリア初期の鬼束さんに近い雰囲気に仕上がっています。アルバム全体を通して統一感があって、各曲ともキャリア初期の雰囲気を意識してアレンジされたんだろうなぁというカンジ。個人的には、歌詞についてはキャリア初期の抽象的なものではなく、"good bye my love"のようなシンプルで普遍的な歌詞の曲が多くなるのかなと思っていたのですが、わりと歌詞についてもキャリア初期の雰囲気でした。

原点回帰とも言える今回のアルバム、その理由はアルバム発表後のインタビューで触れられてました。

鬼束さん曰く、以前は自分で曲を書いて、ビジュアルや音楽性も自分自身でプロデュースできるようなスタイルを目指していたそうですが、いろいろやってみた結果、自分にはできない!ということがわかったそうで、最近は、自分が曲を書くけれど、それをどうアレンジ・プロデュースしていくかはプロデューサーにお任せしていて、ファンが求める鬼束ちひろ像に応えていくことを目指しているのだそうです。これまでの迷走はいろいろ試行錯誤していた過程だったのでしょうね。
個人的には、やはりキャリア初期の鬼束さんの作風に戻ってくれたのは嬉しいですが、今後もたまにはいつかの鬼束さんのような道を逸れちゃったようなスタイルの音楽もやってほしいなと思ってしまうのは欲張り過ぎですかね。笑
-- 続きを読む --

thread: 本日のCD・レコード

janre: 音楽

tag: アルバムレビュー 

[edit]

page top

 

2017

11/09

Thu.

22:11:00

RAINBOW (2017) - Kesha 

Category【聴いたアルバム

Rainbow [Tracks]
1. Bastards
2. Let 'Em Talk
3. Woman
4. Hymn
5. Praying
6. Learn To Let Go
7. Finding You
8. Rainbow

9. Hunt You Down
10.Boogie Feet
11.Boots
12.Old Flames (Can't Hold A Candle To You)
13.Godzilla
14.Spaceship
15.Emotional


2009年に"Tik Tok"をヒットさせて一躍注目のシンガーとなったKesha。2012年のアルバム"Worrior"のリリース以降、摂食障害でリハビリ施設に入っていたり、プロデューサーからの性的暴行を告白して訴訟を起こしたり、とても音楽活動に専念できる状態ではなかったようですが、4年ぶりにアルバムをリリースしてくれました。

人生のどん底だった4年間を経て、強く、優しくなって帰ってきた彼女のとってもパーソナルで力強いメッセージの込められたアルバムです。

過去の作品はEDM系で歌声もオートチューンで加工していることが多かったですが、本作はロックとカントリーの要素が強くてこれまでとは大きく異なるサウンドです。個人的にはこちらの路線の方が好み。ケシャの素の歌声を聴くことができるのも、なんだか新鮮に感じます。

彼女の今の心境がダイレクトに反映された曲が多いですが、いくつかの曲で「人生は短い」というフレーズが出てきます。全然思うようにいかなかった4年間、「こんなことしてる場合じゃない!」と焦る気持ちが募っていたのではないでしょうか。
僕も最近、人としての成長が感じられないままに気づけば30歳目前となっている自分の状況と月日が流れる速さに、「何やってんだ、こんなことしてる場合じゃない…」と焦りを感じることがあって、このアルバムを聴いているとそんな自分を叱咤されているような気分です。

ケシャのように壮絶な人生歩んでいるわけでもないですが、今の自分の心持ちとも重なる部分があるし、聴いていると前向きな気持ちになれるのでお気に入りのアルバムになりそうです。
-- 続きを読む --

thread: 本日のCD・レコード

janre: 音楽

tag: アルバムレビュー 

[edit]

page top