12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2013

01/30

Wed.

00:30:06

ふぃりぴのぼーい 

Category【ゲイライフ

先週末は、ゲイアプリで知り合ったフィリピン人の同い年の男の子と会ってきました。

最近来日して、語学学校に通って日本語を学んでいるんだとか。

チャットでは上手な日本語を披露してくれたのに、会ったら「日本語使うのは次会った時にね」と。

というわけで英語でおしゃべりしたのですが、英会話の良い練習になりました。

初めてリアルするときの自己紹介的な内容や初対面での当たり障りのない会話はなんとかいけるけど、細かい内容の話は難しいです。

英語でさらっと恋ばなできるくらいになりたいです。


彼は1年前に日本語の勉強を始めたらしいのですが、チャットでの会話から判断するに、日常会話はけっこうできそう。

ひらがな・カタカナはもちろん漢字もけっこう読めますし。


僕なんか英語は中学校のときからやってるというのに、まだ日常会話がやっとのレベルだし、もっと頑張らにゃと思います。日本語上手な外国人に会うたびに。

「英語はどれくらい勉強してるの?」なんて聞かれると情けなくて。笑


「最近覚えた日本語は?」って聞いたら、

「空気読めない」だって。笑

どこで覚えたのか聞いたら、慣用句の本に載っていたとのこと。

そんなのも載ってるんですね~。



住んでるとこも近くてわりと気軽に会えそうなので、ふつーに友達として付き合えればいいのですが。


ポチッとなー!!
スポンサーサイト

thread: 同性愛・両性愛

janre: 恋愛

[edit]

page top

 

2013

01/27

Sun.

16:53:21

TANTO (2012) - Pablo Alboran 

Category【異国音楽

日記用 [Track List]
1. El Beso
2. Donde Está el Amor
3. Yo No Lo Sabía
4. Deshidratándome
5. Toda la Noche
6. Seré
7. Tanto
8. Quién
9. En Brazos de Ella
10. Éxtasis
11. Me Iré




パブロくんの新アルバム"TANTO"を手に入れました。
せっかく素敵なルックスなのに、歌詞カードにほとんど本人の写真が入っていないのがちょっと残念。笑


デビューアルバムはシンプルでアコースティックな音でしたが、今作はアレンジがより手の込んだものになってます。
6. Seré や8. Quién はサビに重厚感があって、こういうのは前作では聴けなかったなーと思いました。

そして、やっぱりパブロくんの音楽はメロディセンスが素晴らしいです。
アップテンポな曲はしっかりキャッチーだし、スローでおセンチな曲も一緒に口ずさみたくなるような親しみやすさがあります。

シングルカットされた7.Tanto はスペインのチャートで上位にランクインしていて、パブロくんの人気は相変わらずのよう。アルバムも売上ランキング1位ですってね。

パブロ君に関する番組とか記事とか見ると、"fenomeno social"(社会現象)って言葉がしばしば出てきますが、彼の人気ぶりが伺えますね。
今年もラテングラミーにノミネートされていました。またもや受賞は逃しましたが。

お気に入りは以下の曲たち。

El Beso (kiss)
ラテンフレーバー漂う一曲。このラテンフレーバーは"Fado"というポルトガルの民謡を取り入れたものらしいです。

今までになく大人っぽい雰囲気。

Donde Está el Amor (where is the love)
呟くような歌い方・メロディーが素敵。


Me Iré (I will go)
とってもかっこいいアレンジです。

躍動感あふれるメロディーが印象的。


Éxtasis (Acustico)

ピアノ弾き語り。いいねぇ。
ボーナストラックとして収録して欲しかったなぁ。

期待を裏切らない素敵な作品でした。

ポチッとなー!!

thread: 音楽

janre: 音楽

[edit]

page top

 

2013

01/24

Thu.

20:51:17

疼く 

Category【恋愛なう

別にひきずってるわけじゃないんだけど、Y先輩の話です。笑


先月の社内報を読んでいたら、Y先輩の姿を見つけちゃいました。

社内のフットサル大会の記事。

写真の中に、Y先輩の姿が!

見逃すわけがない。輝いてる。←


Y先輩の写真見ると、未だに胸がざわめいてしまう。

こうやって無意識にときめいちゃうと、あーやっぱ好きなんだなって思い知らされる。

まだ好きなのだろうか。

「もう恋愛感情ない」って口で言ってみたって、意思と裏腹に胸は疼いてしまう。


サッカーのユニフォーム、とても似合っててかっこよすぎるんですけど。

笑顔がまぶしすぎるんですけど。

永久保存版の社内報がまた増えました。笑


あーY先輩と研修したあの時に戻りたい。

もう半年経ったのになぁ。

素敵すぎる思い出。


If This Isn't Love" Jennifer Hudson

ポチッとなー!!

thread: 同性愛・両性愛

janre: 恋愛

[edit]

page top

 

2013

01/20

Sun.

18:53:48

初詣 

Category【毎日

お久しぶりです。こんにちは。

「あー年明けちゃったー」なんて言ってたのがつい数日前のような気がしますが、気がつきゃ1月も後半…。

なんだか最近時間の流れが早すぎます。

なんで早く感じるのかって、毎日ふわふわスルスル~っと締りのない日々を送っているせいな気がしてならない…汗

やらなくちゃいけないことが全然できてないです。勉強とか勉強とか勉強が…!!!

もっと学ばなくちゃ!!!あと数ヶ月したら後輩も入ってくるのにさぁぁぁぁあ!!!!


と、反省モードはこれくらいで。
-- 続きを読む --

thread: 同性愛・両性愛

janre: 恋愛

[edit]

page top

 

2013

01/09

Wed.

23:39:47

Albums from Harel Moyal 

Category【異国音楽

はい、今回は、自分以外に誰が興味持つんだろうというワールドポップスネタです。笑

イスラエルのポップシンガー、アレル・モヤル(Harel Moyal)のアルバムがイスラエルから届きました。

果たしてイスラエルからCD取り寄せる日本人はどれくらいいるだろう。笑
いやしかし、便利な世の中です。
日記用
3作目と最新の4作目。3作目の方が好き。

アルバムを手にとって気づいたのですが、CDケースの開き方が日本や欧米のものとは反対でした。イスラエルで使われているヘブライ語は右から左に読むからですね。

彼の音楽はジャンル的にはポップスに入ると思いますが、ポップスといってもやっぱり欧米のポップスとはまた趣が違います。
欧米ポップス風の味付けでも、ヘブライ語の響きがなかなか独特だし、民族音楽的な味付けのものは素朴で素敵。

基本的にピアノ/アコギのみのシンプルなアレンジだったり、民族楽器風の弦楽器や笛を使っていたりするので、素朴で雄大な雰囲気の曲が多いです。聴いてると広大な平原の真ん中にいるかのような心地がします。

"יחידה רעיה" Harel Moyal

コブシの利かせ方が好きです。やはりコブシ系の歌が好き。
そして彼の歌声も、すごく好き。


イスラエルポップスを聴くときに困るのは、ヘブライ文字が読めないので曲名が全然覚えられないことです。笑

アルファベット以外にも、キリル文字やハングルは読めるようになったので、意味はわからずともi-Podなんかで目当ての曲名を選ぶことができるのですが、ヘブライ文字やアラビア文字みたいなミミズ系の文字はミミズのダンスにしか見えないのでどれがどれだかわからなくなります…笑

ワールドポップスリスナーとしては、そのうちミミズ系文字も攻略したいと思うのですが…
Harel Moyal
相変わらず男前。

ポチッとなー

thread: 音楽

janre: 音楽

[edit]

page top

 

2013

01/03

Thu.

14:36:39

2013年 

Category【毎日

明けましておめでとうございます。

なんだか最近時間が経つのが本当に早く感じて

気づけば年が明けていました。2013年。

日記用

2012年は、反省することの多い年でした。

特に就職してから。

いつまでも学生気分じゃいけない。

温室でぬくぬくと育ってきた僕は、まだ「生きる」ということがどういうことかわかっていないみたい。

誰かの人生じゃなく、自分の人生なのだから、自分で考えて自分で切り開いていかなくちゃいけない。

もっとしっかりしないと!と何度も感じた1年でした。


来年は、仕事も、趣味も恋愛も一歩ステップアップできるように努力したい。

特に仕事。もっと積極的に。周りの人を大切にできるといい。


頑張らなきゃなー!!!


今年もよろしくお願いします。


「輝く人」 Angela Aki

thread: 同性愛・両性愛

janre: 恋愛

[edit]

page top