FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2014

10/01

Wed.

23:09:10

ボヘミアングラス展(サントリー美術館) 

Category【美術館めぐり

日記用
サントリー美術館で開催されているボヘミアングラス展に行ってきました。

ボヘミアングラスというのは、ボヘミア(チェコ西部)で13世紀に始まったガラス工芸です。カリガラスという透明度の高いクリスタルガラスとエングレーヴィングという彫刻技術による緻密で精巧な彫刻が特徴です。

以前アンティークショップで見かけたボヘミアングラスのグラスがとても綺麗で興味を持ったのですが、美術好きの友人が今回の展覧会の情報を教えてくれたので、一緒に行ってきました。

今回の展示では、ボヘミアングラスの生産が始まった13世紀の作品から、最盛期の豪華絢爛な作品、現代アートとしてのガラス工芸作品と、幅広い作品を鑑賞できました。そういえば今までガラス工芸をしっかり鑑賞したことってなかったかもしれません。
日記用
カットが美しいもの、色ガラスを混ぜているもの、はたまたガラスの間に金箔が入っているものなど、様々な装飾が施されていますが、どうしたらあんな綺麗なものが作れるのか、素人にはなかなか想像がつきません。美しさに目を奪われるばかりです。
ボヘミアングラス黎明期の13世紀から順を追って見ていくと、だんだんと装飾技術や技法のレベルが上がっていくのがわかって興味深いです。黎明期の作品は手作り感があって、雑貨屋においてありそうな可愛さ。展示終盤の現代アート風なガラス細工の作品は、僕なんかには理解が難しい代物でした。笑
日記用
ランチはミッドタウン内にある和食の「酢重ダイニング六角」にて。サラダと田舎汁の定食。田舎汁、味の染み具合が丁度良くてうんまい。野沢菜のお漬物に添えてあるふきのとうの味噌も、山菜好きの僕にはかなり嬉しい。これでご飯一杯いけます。サラダが予想を上回るボリューム。笑

ポチッとなー!
スポンサーサイト



thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

[edit]

page top