10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2014

11/30

Sun.

23:54:16

ねんまついつ 

Category【恋愛なう

先週末は、ふたたびルックスタイプなアラサー男子と会ってきました。
11月頭に初めて会ってから、3回目。コンスタントなペースで会えてます。

こちらとしては彼がかなーり気になる存在になりつつあるのだけど、あちらからは特にそれらしきアプローチはなく。初回こそ彼から誘われたものの、2回目・3回目はこちらから誘っているし、あちらが僕のことをどう考えているのかイマイチ掴めず。まだ会うのも3回目だし、好きとかどうのっていうのはまだ早い気がするけども。僕が彼のこと気になっているのは恐らく伝わっていると思うんだけどな~。こんなにドキドキハラハラさせておいて実は全然気がないなんてことになったらショックだなぁ。

けれども、嬉しいことに、今回会ったらあちらからお誘いがありました。
今年の年末年始がは9連休でいつもより長いって話をしているときに、「年末は空いてる?」と彼。あっちから誘ってくれたのが嬉しかったのと、年末年始の予定まだなにもなかったのでw、「空いてます!!」と即答(笑)

というわけで、年末休みに会う約束は取り付けたのですが、「年末」って、具体的にいつのことなのか、何するのかは特に言及なく。まだ先だしなぁ。

年末までまだ1か月あるので、それまでにもう1回くらいは会っておきたいところ。
また何か誘ってみよう。

「真冬の帰り道」 広瀬香美
またもや香美姉さんの曲を聴きたくなってしまいます。笑

ポチッとなー!!
スポンサーサイト

thread: 同性愛・両性愛

janre: 恋愛

[edit]

page top

 

2014

11/29

Sat.

22:56:32

Rabbits On The Run (2012) - Vanessa Carlton 

Category【聴いたアルバム

Vanessa Carlton [Tracks]
 1. Carousel
 2. I Don't Want to Be a Bride
 3. London
 4. Fairweather Friend
 5. Hear the Bells
 6. Dear California
 7. Tall Tales for Spring
 8. Get Good
 9. The Marching Line
 10.In the End
 ※太字はオススメ


関東は雨の土曜日でしたね。せっかくの休日なのに雨だとちょっと損した気分になりますが、雨の日に聴きたくなる音楽もあります。別に最近購入したわけでもないんですが、米国のシンガーソングライター ヴァネッサ・カールトン(Vanessa Carlton)の4作目のアルバムがイイカンジ。

ヴァネッサは2作目まで追っかけていたのですが、あまり好きになれずに3作目も聴かないでいたので、4作目のリリースは知りませんでした。が、たまたまCD屋で見かけて、これまでの作品とはガラリと異なるジャケットに興味を引かれて購入。

①Carouselや④Fairweather Friendはヴァネッサらしい瑞々しいメロディーが素敵な曲で、こういう曲はファーストアルバムから変わらない彼女の音楽の聴き所。
2曲目以降は暗めな雰囲気の曲が多いですが、暗めな曲のレベルがこれまでのアルバムと比べて高くなっているなぁという印象。1作目2作目のアルバムは明るめの曲は良いのだけど、暗めの曲がパッとしなかったんです。ただただ暗いだけで聴くの疲れちゃうカンジ。ところが今回のアルバムは暗い曲もすごく雰囲気があって聴き応えがあります。チャイルドクワイアやテープ録音を取り入れたというアレンジのせいでしょうか、不思議で妖しい雰囲気が素敵です。

冷たい雨の日に温かいココアでもすすりながら聴きたくなるアルバムです。
次回はどんな音楽を聴かせてくれるのでしょうか。次回作にも期待です。

Hear The Bells
ふわふわと違う世界に惹き込まれます。

Carousel (LIVE)
ヴァネッサらしい瑞々しいメロディーが光る曲

ポチッとなー!!

thread: お気に入り&好きな音楽

janre: 音楽

[edit]

page top

 

2014

11/26

Wed.

20:13:42

おおわらい 

Category【旅行・お出かけ

先週末は大学時代の友人たちと旅行に行ってきました。
毎年キャンプに行ったりこうして国内旅行したりのいつものメンバー。
ゲイであることも打ち明けているし、気の置けない関係です。

今回の旅行で気づいたのですが、このメンバーで遊ぶといつも腹が捩れるほど大笑いしています。今回も腹筋が痛くなるほど笑っちゃう場面が何度かありましたが、そういえば普段はこんなお腹痛くなるほど笑うことってないなぁと。
どこかで、「笑う」のはストレス解消に良いと聞いたことがありますが、このメンバーで会うのってもしかしたらかなりのリフレッシュになっているのかも。
日記用日記用
偶然たどり着いた景色。道中ずっと天気が良くて気持ち良かった。

次の旅先はどこでしょう。

ポチッとなー!!

thread: 日記

janre: 日記

[edit]

page top

 

2014

11/24

Mon.

22:49:21

Music Up to Date 20141124 

Category【異国音楽

異国のイケメンたちの新曲を紹介いたします。笑

"Adıma Layıq" Farid Mammadov
アゼルバイジャンのイケメン歌手ファリードくんの新曲。
ピアノ一本のシンプルな伴奏に抑えた歌声が映えます。今回は作詞作曲とも彼自身が行うという意欲作!着々とイイ男・イイ歌手になっている…。

"Walking Alone" Nikos Ganos
ギリシャのイケメン(?)シンガー、ニコスさんの今年発表の曲。
打ち込みMAXの音と、よくわからないミュージックビデオ。
衣装がビミョーです。彼はいつも変な服着せられて損してる気がします。
そんなところが可愛いんだけど、衣装さんもっとしっかりしてあげて!!

"Msh Melk Nafsy" Mohamed Maghraby
エジプトのアラビアんイケメン歌手、モハメドさんの新曲。
ミュージックビデオのリリースは初。途中に入るボリウッド風(?)ダンスが気になる。振付師はインド人に違いない。笑

"On Danse" M.Pokora
フランスのイケメンシンガーポコラ氏。
新アルバム"R.E.D."からのシングルカット。
相変わらずのイケメンですが、歌声が以前より掠れ気味な気がします。

ポチっとなー!!

thread: お気に入り&好きな音楽

janre: 音楽

[edit]

page top

 

2014

11/17

Mon.

19:52:28

ぼーす 

Category【恋愛なう

こんにちは。
先週末は、ゲイなアプリで出会った殿方と飲んできました。
一人は、初対面でルックスで心を掴まれた高身長なアラサー男子。
もう一人は、ルックスタイプじゃないけど飾らない雰囲気で気さくなアラサー男子。

どちらも会うのは2回目だったのだけど、どちらもなかなか好感触。
ルックスタイプな方は、前回会ったときは最後まで少し緊張気味な気がしていたのですが、今回はかなり打ち解けた雰囲気。お互いに初対面ではあえて話さなかったコトがもろもろあったようで(笑)、意外な一面が見えたりも。なかなか良い雰囲気だったと思う。そして、やっぱりカッコイイ…。笑

飾らない雰囲気の方は、相変わらずの話しやすさで話していてすごく楽しい。この心地よさは何だろうって考えてみたけど、「他人の話を聞く」ことと、「自分が話す」ことのバランスがすごく良いのだと思う。それと、基本的に波長が合う。ルックスはタイプじゃないんだけど、一緒にいたいなと思わせる雰囲気。

ここんとこずっと、こんなに素敵だな!って思える人もあまりいなかったし、いたとしても全く恋愛には発展しなかったので、今回のチャンスは逃せない!ロマンスの神様もうちょっとよろしくお願いします!笑

とは言っても、相手が自分のことをどう思っているかわからないので、期待は禁物。こちらは気になっていても、相手にとっては友達どまりのポジションかもしれないし。

どちらも3回目に繋がりそうなので、会える時間を大切に、成り行きにまかせつつ、頑張るところは頑張って、良い方向に進めたい。

「幸せをつかみたい」 広瀬香美
イントロの歌詞↓
「恋愛の法則は押したり引いたり。アダムとイブの時代から神様が決めていた」
基本的に押してしかいないけれど、大丈夫ですかね、神様!!

ポチッとなー!!

thread: 同性愛・両性愛

janre: 恋愛

[edit]

page top

 

2014

11/13

Thu.

21:09:14

6年 

Category【毎日

実は、このブログを始めて、この秋で6年になりました。
6年って、自分でもけっこうな驚き。
6年もよく続いたなぁ!という驚きと、
もう6年経ってしまったのか!という驚きと…
アナログの日記なんて続いたためしがないのに。
そして、このブログを始めた頃はまだ10代だったなんて。笑

久しぶりに大昔の記事を読み返してみました。
学生時代の記事なんか、今よりアホっぽいこと書いていて、今読むと鳥肌が立つほどに恥ずかしいんですけども(笑)、そう感じるのは自分が成長したということでしょうかね。笑

小恥ずかしい昔の記事ですが、今読んでみると、忘れていることが多いことに気づかされます。出来事自体は覚えているけれども、その時どう感じていたかって、けっこう忘れているものです。
「こんなこと思ってたんだっけ」、「こんな大事なこと忘れてたなんて!」と、自分で書いたことなのに目からウロコです。笑

自分が感じたことを書き残しておくって、けっこう大切なことかもしれません。
あの時感じた大切な気持ちも、数年後には脳細胞の端の端に詰め込まれて、引き出せなくなってるかもしれません。書き残しておいて、後で読み返してみると、新たな発見(というより、再発見?)がありますよ。

このブログを始めた当初は、ゲイであることに悩んでいる時期で、心に溜まったモヤモヤを誰にも言えずに溜めてばかりでした。モヤモヤの捌け口として、ブログを始めたんです。本当に、吐き出す場所を欲していたんです。悩んでる頃の記事なんか読むと、当時の心境がありありと書かれているのですが、今となっては、そんなこともあったなぁ~と。喉元過ぎればなんとやら、ですね。

今では、ゲイの友達もできたり、カミングアウトした友人もいたりで、昔ほどモヤモヤを溜めこむこともなくなったので、書く内容も音楽やらイケメンやら、当初の趣旨から徐々に外れてきていますが。笑

それでもやっぱり、日記として、日々思ったこと感じたことを書く場所としてのこのブログの役割は自分の中でも変わらないので、横道に逸れつつも、たらたらと日記を書き続けていくんだと思います。

そしてそして、こんなとりとめのない小っ恥ずかしいブログを読んでくれている方にはいつも感謝です。6年間、その時々で読んでくれる人も変わってきました。昔のコメントを読み返すのも楽しいです。あの人、今どうしてるかなぁ、なんて。

これからもとりとめのないことをたらたらと書いていきますが、良かったら読んで下さい。書くだけでもけっこうスッキリしたりするのですが、コメントを頂けるとさらに気持ち良くなりますので、コメントも気軽にどうぞ。笑

それからそれから、6年間やってきて、ほとんど変わらないことがあるんですよね。
なにかって、それは…

彼氏いないこと…!

さすがに男日照りが過ぎると思います。笑

そんなわけで、ポチッとなー!

thread: 日記

janre: 日記

[edit]

page top

 

2014

11/10

Mon.

22:21:05

ひさとき 

Category【ゲイライフ

前回書いた、ゲイなアプリで出会ったどタイプなイケメン、2回目誘ってみたら、オッケーしてもらえた!!良かった!嬉しい!今週末に飲む約束をとりつけました。
自分から誘った手前、「お店探してみます」なんて言ったものの、普段行かない駅だし、飲み屋さんはよくわからないYO\(^0^)/

2回目ごときでこんなテンション上がってるのもどうかと思いますが(笑)、それだけタイプなんですよね。ドキドキする人に出会うのはすごく久しぶりな気がします。いつもは2回目くらいでうこんなに浮つくことなんてないです。
力みすぎて空回りしないかが不安なところですが…汗

こういうときに気が急いて失敗しがちな自分なので、焦らず、ゆっくり、気長に…せいては事を仕損じます。わかってはいるんだが…。

こんなにウキウキ書いておいて、2回目で撃沈したらどうしよう。
脈アリなわけでは全然ないし、というかまだ1回しか会ってないわけだし、撃沈の可能性は大いにあるわけで。もし撃沈しても温かい目で見守ってください。笑

こんなにどタイプイケメンで盛り上がっておきながら、ちゃっかり、どタイプイケメンに会う前に会った「飾らない話しやすいアラサー男子」とも飲む約束をしております。笑

「ロマンスの神様」 広瀬香美
ロマンスの神様なんとかしてください!!

ポチッとなー!!

thread: 同性愛・両性愛

janre: 恋愛

[edit]

page top

 

2014

11/09

Sun.

10:11:07

1989 (2014年) - Taylor Swift 

Category【聴いたアルバム

1989 [Tracks]
1. Welcome to New York
2. Blank Space

3. Style
4. Out Of The Woods
5. All You Had To Do Was Stay
6. Shake It Off

7. I Wish You Would
8. Bad Blood
9. Wildest Dreams
10. How You Get The Girl
11. This Love
12. I Know Places
13. Clean


テイラー・スイフトが先月発売したアルバム「1989」
1989というのは、テイラーが生まれた年。でもあり、僕が生まれた年でもあるので、なんだか親近感、というより「これは買わなければ!」という謎の義務感に駆られ、購入に至りました。笑
同い年ということもあって、応援していきたいアーティストです。

これまでジャンルで言えば「カントリー」として音楽を創ってきたテイラーですが、このアルバムは「ポップアルバム」であると前々から宣言しておりました。
前作の"RED"でも数曲かなりポップス寄りの曲が入っていたので、そっちの方向に行くのかなぁとは思っていましたが。

今回のアルバム制作には、Max Martin, Shellback, Ryan Tedderが関わっています。3人ともポップス界のヒットメーカーだけあって、収録曲もとってもキャッチ―で聴きやすいものばかりです。ただ、彼らの曲って出来が良すぎて誰が歌ってもそれなりに良く聞こえてしまうように思うこともしばしばです。が、そこはさすがのテイラー。持ち前のメロディセンスとキュートな歌詞でしっかり自分風の味付けをしています。

付き合った男たちとのことをすぐに曲にしてしまって、元カレから苦情がきたり、「恋多き乙女」なんて揶揄されてきたテイラーですが、このアルバムではそんなことも開き直って歌にしちゃってます。そんな潔さも聴いていて気持ち良いです。
アルバム前半のノリの良い曲たちももちろん好きなのですが、個人的には後半の⑨、⑪、⑬あたりの沈んでる感じの曲もすごく好きです。⑨はラナ・デル・レイが歌いそうな雰囲気。⑬のイモージェン・ヒープとのコラボも静けさがすごく素敵。

アルバムリリースに先駆けてシングルカットされた⑥Shake It Off が恐らく彼女がこのアルバムで一番言いたいことだと思います。ざっくりいうと「他人の言うことなんか気にしないで、自分の生きたいように生きればいい!」ってカンジ。
このアルバムも、歌声を加工したり、カントリー要素ほぼゼロのポップスに振り切ってみたり、ゴーイングマイウェイな作品となっていて、これまでのカントリーな作風に慣れているファンにとっては必ずしも満点の出来ではないかもしれませんし、ちょっと寂しい気がしますけど、次はどう来るのかな?と今後の方向性にも興味が湧いてくるアルバムだと思います次はどう来るでしょうね。

"Shake It Off" Live@ Grand Journal
すでに色んなところで披露されているShake It Off。
どこか懐かしさのある音。テイラー可愛いなぁ。

"Blank Space"
今回のアルバムで一番ヘビロテしている曲。一緒に口ずさみたくなるメロディー。歌詞も面白いし、ミュージックビデオのテイラーの狂気っぷりも面白い。

"Out of the Woods" Live@ Ellen
重めなサウンド。こういうのはこれまでのテイラーの曲には無かったですね。
次はどういう方向に行くのか。目が離せません。

thread: お気に入り&好きな音楽

janre: 音楽

tag: アルバムレビュー 

[edit]

page top

 

2014

11/03

Mon.

19:57:47

ほーぷサムほーぷ 

Category【ゲイライフ

3連休いかがお過ごしでした?
僕は今週もゲイなアプリで知り合った人と会ってきました。
先週、先々週とは違う人です。←笑

最近会った人たちのプロフィール画像と実物の乖離が大きくてガッカリってのは、以前にも書きましたが、今回は、なんと、

実物の方がイイ!!!

というミラクル。
いやー、かっこよかったんですよね。好みどストライク。一目惚れできるレベル。
これは気合いを入れてかからなければなりません。笑

しかしながら、会って早々
「思ったより小柄だね。」と彼。
ぐっ…これは相手の好みのタイプにもよりますが、言い方からしてネガティブな意味が含まれている雰囲気。プロフィールの身長も体重もサバ読んだりしてないですけど、華奢なせいか、実際の数字より小さく見られることがあるんですよね。でも数字詐称してないもんね!

さらにその後、
「25だっけ?まだ学生って言ってもイケそうだね。」と。
悪い意味で言ったわけではないんでしょうけど、年相応に見られない(たいてい下に見られる)ことが最近の悩みなので、勝手に落ち込む…笑
子どもっぽい男なんてモテないもんなー

そんなカンジで、早くも雲行きが怪しかった初っ端…

会話を重ねるにつれて徐々に硬さも取れていき、それなりに打ち解けた雰囲気で喋れるようになりましたが、これは2回目はないかなぁ…という不安が頭を過ぎります。話していて楽しかったんですけどね(少なくとも僕は)。

ランチして、お茶して解散したのですが、駅に向かっているときに、「またご飯食べに行こうよ」と言ってもらえました。
本心なのかはわかりませんが(疑心暗鬼w)。

振り返ってみると、ルックスがどタイプなせいか、必要以上に緊張してしまったし、必要以上に相手の言動を気にしていたなぁと反省。笑
まだまだ経験値が足りませんね。1回目でそんなに気にしたってしょうがないのにねぇ。

先々週会った人は、ルックスタイプじゃないけど、今回みたいに緊張することがなかったので、ずっとリラックスして話せた気がします。
ルックスに惑わされる自分…笑

2回目があることを祈る!

ポチッとなー!

thread: 同性愛・両性愛

janre: 恋愛

[edit]

page top