02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2016

03/31

Thu.

23:09:02

骨董入門 

Category【毎日

先日、都内で開催された骨董市に行ってきました。
集中してじっくり見たかったので、おひとり様で。笑

このブログでも、たびたび焼き物や西洋アンティーク関連の展覧会のことを書いていますけど、いつからか陶磁器にすごく惹かれるようになって、焼き物だとかアンティークのカップだとかの類を眺めるのが好きなんですよね。
度々アンティークショップや骨董屋を覗きに行ったり(高いので眺めるだけ)、最近は焼き物関連や西洋陶磁器関連の本を読み始めたり、趣味を深化させています。笑
殿にはゲイゲイしい趣味だと言われ、家族にはおやじくさいと言われます。笑
自分でもじじくさいなーって思うんですけどね~。なかなか楽しいんですよね…笑

美術館やショップで見たり、本を読んでいたりすると、眺めるだけでは飽き足らず、自分で選んでみたり、使ってみたりしたくなるもので。昨年、初めて規模の大きな骨董市に行ってみたらても楽しくて、さらに熱が入ってしまいました。
ちなみに、昨年骨董市を訪れた際にはヨーロッパの窯元のビンテージカップを買いました。

今回行った骨董市でも、ひとつ、デミタスカップを入手しました。

今回購入したのはこちらの薩摩焼の金彩デミタスカップ。お店のおじさんの話では明治時代あたりに輸出用に作られた品とのこと。里帰り品だと思います。
図柄がとても綺麗だったのと、状態も良かったので、一目で気に入りました。金彩は少しくすみかけていますが、汚い感じではなく、逆に落ち着いた風合いを出していて良いなぁと思いました。
日記用
実はこのカップ、違うカタチ・図柄のデミタスカップとティーポットがついた3点セットで販売していました。
どれも同じ窯元の作品の様でしたが、恐らく本来のセット物ではなさそうだし、さすがに3点買うのはお財布的にも厳しいし、もう一つのカップにはそこまで惹かれなかったので、おじさんに1客だけ売ってくれないかと頼みこんで買いました。笑

おじさん単品で売るのすごーく渋っていて、単品で買いたいなら価格高めにすると言われまして。
そこで僕も悩んで、一旦退却してカフェで昼ごはん食べつつ悩んでいたのですが、悩んだ結果、買おう!と決心。笑
早速お店に戻って「やっぱり買います!」と告げると、おじさん、「うーん、わかった。まだ若いし、これからの可能性に賭けるってことで…。」と値引きして売ってくれました。笑

ちなみにこのカップいくらしたと思いますか?
8000円です。高い?それとも安い?
僕はお得な価格だと思うのですが…。
「特別だからな」と、最後まで物惜しそうだったけど、お得な価格で手に入れられました。おじさん、ありがとう!
おじさんの好意を無駄にすることがないよう、見る目を養っていこうと思います。

まだ使ってはいないのですが、眺めているだけで幸せな気分です…。笑

今回の骨董市ではカップを買ったお店のおじさん以外にも、お店の人にちょっと話を聞いたり、出品されている品を吟味したりして、アンティークの価値についていろいろ考える良い機会になりました。骨董屋のおっさんってすごく胡散臭く見える人多いなぁとも思いました。笑
すごく楽しかった。また勉強しよう。
また素敵な品と出会ったときのために、お金を貯めておこうと思います。

ポチッとなー!
スポンサーサイト

thread: art・芸術・美術

janre: 学問・文化・芸術

[edit]

page top

 

2016

03/29

Tue.

21:25:10

Long Way Home (2016) - Lapsley 

Category【聴いたアルバム

Long Way Home [Tracks]
01. Heartless
02. Hurt Me

03. Falling Short
04. Cliff
05. Operator (He Doesn't Call Me)
06. Painter
07. Tell Me The Truth

08. Station
09. Love Is Blind
10. Silverlake

11. Leap
12. Seven Months
13. Brownlow (Bonus track)
14. 8896 (Bonus track)
15. Dancing (Bonus track)
16. Burn (Bonus track)


以前から気になっていた英国のシンガーソングライターLapsleyがデビューアルバムをリリースしました。日本での注目度も高いのか、タワーレコードの売場でも注目の新人として取り上げられていました。輸入盤と変わらない値段でボートラ4曲入った国内盤が出てますので、買うなら国内盤がオススメです。
どこかでLapsleyのことを「James Blake + Adele」と例えているのを見かけましたが、わかりやすい例えだと思います。ジェームス・ブレイク的なアンビエントな雰囲気とアデルのようなソウルフルで渋い歌声。

デビューアルバムとなる今回のアルバムは、彼女自身が経験した遠距離恋愛を歌った曲が多いそうです。曲を聴く限り、どうやら上手く行かずに終わってしまった恋の様ですが、同じく遠距離恋愛中の僕としては身につまされる部分も…。
悲しい恋の行方を歌った曲が多くて、アルバム通して曇り空な雰囲気。まだ若いのにそんなに辛い恋をしてるのか…と心配になります。聴いていて楽しくなるアルバムではないですが、歌声も作風も好みで気に入っています。

①Heartless
Jealousy should fill up the space But it empties me when she's in your embrace
彼女があなたに抱きしめられてても、空しくなるだけ…と1曲目ですでに冷め切っている主人公。辛い夜を超えて目覚めると、冷め切った空しさだけの気持ちになっている…という悲しい曲です。
②Hurt Me
So if you gonna hurt me, why don't you hurt me a little bit more
破局寸前の状況でしょうか。傷つけるなら、いっそもっと痛めつけてと訴える主人公の姿が痛々しいです。"I'm counting down the seconds that we have(私たちに残された時間をカウントダウンしているの)"というすでに2人の関係を諦め切ってしまった歌詞も切ない。


⑤Operator
Don't put me on hold please Fly here and hold me
ディスコ風なアレンジで、アルバム中唯一のアップテンポな曲。歌詞は遠距離恋愛のつらさを歌っています。レトロなメロディーにLapsleyの渋い歌声が乗ってとてもかっこいい仕上がり。

⑧Station
I could walk you back to the station
歌詞だけでは状況が把握しきれないのですが、主人公と彼氏、彼氏の浮気相手の女の子(?)の3人の登場人物がいて、こじれてる感満載。
Lapsleyが高校時代に初めて作った曲らしいです。作詞作曲からアレンジまですべて彼女自身で行っています。ボーカルや曲のアレンジがとても綺麗で、歌詞を聴くというより、曲全体の音を聴いて楽しむべき曲かもしれません。静かな曲ですが色んな音が使われています。メインパートを歌っている男性の歌声は機材で変換したLapsley自身の歌声です。


⑨Love Is Blind
Lapsleyの曲はメロディらいんがはっきりしていない曲が多いですが、この曲は一番耳に残りやすいのではないかと思います。"Love is blind"、日本語に訳すと恋は盲目となり、恋に浮かれて冷静な判断ができない様子を表しますが、この曲では、2人の関係が冷え切って、愛が行き場を失っている様子を描いていると解釈しました。


⑫Seven Months
In seven months in many ways I'd lost substance
通常盤であればラストとなる曲。7ヶ月(Seven months)というのは、彼女が遠距離恋愛を続けた期間でしょうか。「7ヶ月の間に、あらゆる意味で、空っぽになった私」と遠距離での恋愛を振り返る歌詞。これまでの曲を聴く限り、遠距離恋愛している間に何か良いことはあったのだろうか…と心配になりますが、この曲でLapsleyの恋は幕を閉じます。綺麗で悲しくて、アルバム中最も好きな曲です。

今後の活躍がすごく楽しみ。
いやしかし歌声もルックスもとても19歳とは思えない貫録ですね。

thread: 本日のCD・レコード

janre: 音楽

tag: アルバムレビュー 

[edit]

page top

 

2016

03/25

Fri.

22:52:56

京都 

Category【旅行・お出かけ

またもや殿と京都に行ってきました。笑
今回は京都駅の東側にある三十三間堂に始まり、そこから三条までテクテク上がって平安神宮まで行きました。歩きすぎて筋肉痛です…。

三十三間堂の1000体の千手観音像の迫力、すごかったです。全部同じ像に見えますが、よく見るとちょっと丸顔の観音様がいたりして、なかなか面白い。120体ほどは平安時代からの仏像らしいですが、その他は鎌倉時代に再建された際に当時のトップ仏師たちによって作られた仏像らしいです。
京都京都
まだ花の季節には早いけど、ところどころ緋寒桜やハナモモが咲いていて綺麗。
八坂神社も参拝。天気が良かったので、八坂神社の奥にある円山公園にデパ地下弁当を持って行ってピックニック気分でお昼。笑
公園内で現代生け花作品の展示をしていたんですけど…
僕の知っている生け花とはまったく違った趣で衝撃でした。笑
京都京都
現代アート+生け花…というより現代アートに近いか。生け花する人の作品というより、現代アートの作家が生け花を取り入れたような雰囲気。
京都京都
これは何か怖い…。右の作品はもはや生けてません。植物使ってないし。笑
現代生け花、どの作品もとても強烈でした。
京都京都
南禅寺の近くにある「無鄰菴」を訪れました。無鄰菴は幕末に活躍した政治家・山縣有朋の別荘として建てられた建物です。京都の観光地としてはあまりメジャーではなさそうですが、庭園が綺麗と聞いたので。とても趣のある庭でした。4-5月はもっときれいだと思います。茶室で抹茶を頂きました。京都の観光地にしては人が少ない方だと思うので、のんびりお茶を楽しむのも良いですよ。
京都京都
帰り際に殿のオススメカフェで休憩。おじさん一人でやっているカウンター席のみのこじんまりカフェで、なかなか良かった。美味しいコーヒーを大倉陶園の高級カップで淹れてくれました!幸せ…笑

ポチッとなー!

thread: 国内旅行

janre: 旅行

[edit]

page top

 

2016

03/22

Tue.

21:56:49

ふぃふす 

Category【毎日

気付けば新年度が1週間ちょっとで始まってしまいます。来月で入社5年目を迎えるんですけども、今年はまた節目の年になりそうな気配。

というのも、部署の中で統括的な業務を担当している先輩が、夏くらいから産休に入るとのことで、先輩の業務の大半を僕が引き継ぐことに。なにが大変かって、その先輩の担当している業務は、部署の根幹となる重要な業務が多いのです。おっちょこちょいでとろい僕がこなせるんだろうか…非常に不安。不安しかない。

以前から、先輩ひとりに重要な業務が集中している傾向があったので、業務を一部他の人に移管させようということで、僕が部分的に業務を引き継ぎ始めていたのですが、僕も本来の業務があるし、簡単に切り分けられる業務でもないので、なかなか引き継げていない状態…。先輩もあまり業務移管を急いでる様子でもないし。

そんな中、まさかの産休のお知らせ。いや、本当に突然だったのですよ。まだ結婚されていないので、まさか先におめでたのお知らせが来るとは…!
でも、驚いたと同時にホッとしました。というのも、先輩、最近海外出張を度々キャンセルしていたり、検査入院していたりしたので、何か体調が思わしくないんだろうか…と思っていたので。会議のときに「ちょっと報告がありまして…」と切り出された時にはドキドキしたのですが、おめでた報告でホッとしました。笑

とはいえ、先のことを考えるととてもホッとしてはいられない状況。笑
残り数か月できちんと引き継いで先輩の代わりを務められるんだろうか…。うちの部署に一番長くいる先輩なので、経験とか感覚的なもので判断していることも多々あるように思うけど、まだまだ経験も知識も全然足りていないと思うし。実際この前業務の進め方について尋ねたら「このへんは感覚なんだけどね~」と言われた。その感覚どうしたら身に付けられるんですか。笑

というわけで、先行きが不安で仕方ない入社5年目の春。

"Gotta Work"  Amerie
Sometimes u gotta work hard for it
こんなときはこの曲を聴くとやる気が出てくる…気がする。

ポチッとなー!

thread: 日記

janre: 日記

[edit]

page top

 

2016

03/17

Thu.

23:12:31

わんちゅるのう 

Category【恋愛なう

誰かのことを好きになったときに感じる胸のトキメキ、あのドキドキ、誰にでも経験のあることだと思っていたのですが、そうではないのでしょうか?

どうやら殿はあの胸のトキメキを経験したことが無いようなのです。笑

そういえば以前僕が、誰かを好きになったときの様子を「心がギュッとなってドキドキする感じ」(笑)と表現すると、「うーん、それはわからないけど、あのムラムラするカンジ?」と返されたことがありました。それって恋愛感情じゃなくて、ただ性欲でムラムラしてるだけじゃ…と思ったのですが、どうやら本当にあのドキドキするカンジがわからなかったようです。

殿の初恋は高校生の頃、相手は女の子だったそうですが、その時もドキドキした記憶はないそうで、その後付き合った人にもそういう気持ちを感じたことはないとのこと。もちろん、僕にもドキドキは感じないそう…笑

ここで問題となるのが、殿が僕に言う「好き」ってなんだ?ということ。笑
何をもって僕のことを好きだと感じているのでしょう。
殿に聞いてみたところ、「長く一緒にいれそうか否か」で判断しているんだそう。
殿にとってはそれが恋愛的に「好き」かそうではないかを分けるポイントなんだそうです。要は、殿にとっての「好き」ということは、感情として感じていることではなく、頭で考えた結果ということですね。
なんだそれ!とも思ったのですが、たしかにそう考えてみると普段の殿の行動も説明のつく部分があって、妙に納得。笑

Aセクシャル(無性愛)的な部分もあるのかなと思いましたけど、性欲はバリバリあるので、それともまた違うのかな。笑
いろんな人がいるもんですね。

殿が僕に対して、僕が殿に感じているようなトキメキを感じていないだろうということは、それとなく感じていたので(笑)、そのこと自体はそれほどショックではなく、むしろ誰に対してもトキメキを感じたことがないとわかって、逆に安心できた僕は強くなったのかなんなのか…。

付き合うにはなかなかの曲者だと思うんですよね。
でもそこで、匙を投げるのではなく、「きっと自分なら彼をわかってあげられる」みたいな自分勝手な自信を持ってしまうのは危ないと思うのです。いや、今の僕の状況ですけどね。笑
これはヤバい人にハマってしまったんじゃないかという思いは、付き合い始めた頃から絶えず脳裏を過ぎるのですが、気持が冷めるどころかどんどん惹き込まれているので、これは本当にやばいのかもしれません。

"I Want To Know What Love Is"  Mariah Carey
I want you to know what love is...
いつか「好き」を感じてほしい…笑

ポチッとなー!

thread: 同性愛・両性愛

janre: 恋愛

[edit]

page top

 

2016

03/14

Mon.

23:28:08

桜の呪い 

Category【J-POP

今日テレビをつけたら、たまたま「しくじり先生」にシンガーソングライターの河口恭吾が出ていました。
僕、河口さんの曲はけっこう聴くんです。アルバムはほぼすべて持っています。
河口さんをテレビで見かけるなんてこと、今となってはほとんどなくなってしまったので興味を引かれて観てみたのですけど、なんだかな~というカンジでした。笑

河口さんのしくじりの内容は「安易に桜ソングに手を出して一発屋に終わったこと」というものでしたが、中身があまりない気がして、とりあえずテレビに出たかっただけではないだろうか、という印象。笑
イベントで歌っていたり、カフェでライブをしていたり、地道に活動している印象ですが、それだけではやはり厳しいのでしょうか。なかなか厳しそうな世界です。

安易に桜ソングを作ってしまったがために、「桜」を超える曲が出せなかったと言いますが、それは河口さん自身の問題であって、そもそも桜がヒットしなければ今のような知名度すらなくてシンガーソングライターを続けられたかもわからないと思うので、一発屋で終わったことと桜を繋げるのは違うかなと思いました。
中身を見ていても、無理やりネタをひねり出してきた感があったので、河口さんとしても本意で喋っているわけではないかもしれないですが。せっかくテレビ出ても印象良くなったわけでもなく(むしろ悪い?)、なんだか不発に終わったように思えて残念です。

と言いつつも、僕は河口さんの実力は買っていますし、桜より良い曲もたくさんあると思っています。過小評価されているアーティストのひとりだと思います。たしかに桜以降全然売れていないんですけど…笑

桜みたいに綺麗な曲もあれば、「会社をやめて旅に出よう」みたいな脱力系(?)な曲もあったり、都会での恋愛を歌った曲もあったりで、なかなか引出しも多いと思いますし、アルバムは毎回コンセプトがしっかりしていて素敵な仕上がりだと思うのですけどね。

テレビ出演が不発に終わってしまった河口さんですが、少しでも河口さんの良さが伝わるよう、ここで僕のオススメを紹介しておきます。笑

「会社をやめて旅に出よう」
桜のイメージとは裏腹な勢いのある曲。タイトルの通り、日々のしがらみから解き放たれたいときに。笑
こんなタイトルの曲なのに、テンション上がるので、僕は就職活動中よく面接前にこの曲を聴いていました。笑

「夢の真ん中」
河口さんの切ない系ソングの中で最も好きな1曲。
河口さんの歌声は切ない曲にハマりますね。

「恋する雲雀は唐紅」
曲もすごくお洒落だし、なんといっても河口さんの歌声がかっこよすぎます。

最近はカフェライブっていう、カフェでコーヒーやご飯を楽しみながら河口さんの歌を聴くという、素敵でこじんまりとしたライブツアを行っているんです。今年は東京でも開催予定なので参加してみたい。

ポチッとなー!

thread: おすすめ音楽♪

janre: 音楽

[edit]

page top

 

2016

03/09

Wed.

23:03:43

昨晩お会いしましょう (1981年) - 松任谷由実 

Category【聴いたアルバム

昨晩お会いしましょう [曲目]
1. タワー・サイド・メモリー
2. 街角のペシミスト
3. ビュッフェにて
4. 夕闇をひとり

5. 守ってあげたい
6. カンナ8号線
7. 手のひらの東京タワー
8. グレイス・スリックの肖像

9. グループ
10. A HAPPY NEW YEAR


1981年リリースのユーミン12枚目のアルバム「昨晩お会いしましょう」
シュールなアルバムタイトルと不思議なジャケットに興味を惹かれます。
このアルバムから28作目のアルバムまで17枚連続でチャート1位という、ユーミン黄金時代の幕開けを飾った1枚です。

②街角のペシミストや⑧グレイス・スリックの肖像あたりがアルバムの雰囲気に翳りを落としていて、その雰囲気が僕はすごく好きです。⑤守ってあげたいや⑩A HAPPY NEW YEARといった有名曲も収録されているユーミン全盛期の始まりを告げるアルバムですが、そのわりには全体的に落ち着いた雰囲気のアルバムです。

ふと昔のことを思い出したときだったり、昔のアルバムを眺めながらだったり、そんなときに聴きたいアルバムです。

いくつかピックアップしてみましょう。
①タワー・サイド・メモリー
♪「いちばん素敵なきみだけを見てた」 彼のささやきを全部くりかえす♪
神戸を舞台に、むかしの男との思い出を振り返る主人公。サビのコーラスなんて言っているんだろうと思ったら、"Kobe Girl"なんですね。神戸ガール…
"神戸"って枕詞がつくと神戸ビーフもしくは神戸牛しか思い浮かばない。

②街角のペシミスト
午前1時空は星も見えない 時は止まり このままがいい
クラブ(この時代はディスコか)で踊って、お酒を飲んで、いっとき現実を忘れようとする主人公。華やかな都会の暮らしの裏側を歌った退廃的な雰囲気のある曲です。こういう曲、個人的にすごく惹かれるのですが、こういう曲を聴いたときに覚える気持ちを上手く言葉にできない。なんだろうな。

④夕闇をひとり
もう一度 私の声にふりむいて しばらくは夕闇をひとり歩いてるから
ストーカーチックな歌詞に強い想いが溢れる失恋ソング。キャッチーなサビが耳に残ります。ユーミン版が見つからなかったので、宮崎美子さんの歌唱でどうぞ。


⑥カンナ8号線
カンナの花が燃えてゆれてた中央分離帯
アルバムで一番派手さのある曲でしょうか。タイトルがかっこいいです。カンナという言葉が出てくるのは2番のメロディ冒頭の「カンナの花が燃えてゆれてた中央分離帯」この1節だけなのですが、とても印象的ですし、このフレーズによって他の部分の情景が急に鮮明になる気がします。

⑧グレイス・スリックの肖像
アンプに火を入れて ひとりの心の扉 ノックして
イントロのメロディは民謡の「グーチョキパーでなにつくろう」です。民謡の内容とは裏腹に、暗く重めな歌詞・メロディです。昔聴いていたグレイス・スリックの曲とともに当時の出来事を思い出している様子を描いているようです。

⑩A HAPPY NEW YEAR
今年も最初に会う人があなたであるように はやく はやく
すごく綺麗な曲だと思います。歌詞と素敵なアレンジが相まって、雪のちらつく通りを早足で歩く光景が浮かんでくるようです。年の瀬にこの曲を聴いて、大切な人とまた1年過ごせたことに感謝しつつ新しい年を迎えられたら素敵だと思います。
  

アルバムを聴き終えると、「昨晩お会いしましょう」というタイトルの意味がわかるような気がします。ぜひ一度お聴き下さい。

ポチッとなー!

thread: 本日のCD・レコード

janre: 音楽

tag: アルバムレビュー 

[edit]

page top

 

2016

03/05

Sat.

18:21:34

のーけあ 

Category【毎日

この前年が明けたばかりなのに、気づいたらもう3月になっていて、時間が経つのがあまりに早くて驚き。年をとるたびに時間の速さのギアが一段階ずつ上がっているように思います。たまにはブレーキかけてほしい。

3月も殿に会いにゆきます。ふつーの土日に行こうかと思っていたら、殿の方から3連休で来たらと提案。嬉しい。
実は3連休はすでに友人との予定が入っている日があったのだけど、今回は殿を優先させてくれと友人に頼んで別の日にしてもらいました。笑

殿と初めて会ったのは去年の4月なので、もうすぐ殿と出会って1年になります。
振り返ると長いような、短いような…。毎日の時間の流れは本当にあっという間ですが、殿と過ごした時間はそれとはまた違ったスピードで流れているような感覚。

そういえば、この前殿のところに行ったとき、初めて待ち合わせした場所を通りがかったので、「ここで待ち合わせだったよね」と言ったら、「あれ、そうだったっけ…」と殿。ほんと、そういうところなぁ…。笑
先日一緒にゲイバーに行ったときも、ママさんに付き合ってどれくらいになるの?と聞かれ「5ヶ月かな?」と答えていたので、「6ヶ月だね」と訂正しました。笑
どういう心持ちで付き合っているのか、いまだに掴みきれないのですが、少なくとも僕よりは軽い気持ちで付き合っていると思うので(笑)、彼の無頓着さには一喜一憂しないようにしています。笑
こんな彼氏で大丈夫なんだろうか…と思いながら半年以上付き合っていますけど、大丈夫だろうか。笑

"Video Game"  Lana Del Rey
下手するとこの曲みたいな悲しいことになりかねない気がするが、今のところ大丈夫、なはず。笑

ポチッとなー!

thread: 同性愛・両性愛

janre: 恋愛

[edit]

page top