06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2016

07/30

Sat.

15:00:11

KATHMANDU '95 

Category【恋愛なう

やっと関東も梅雨が明けましたね。この季節はベランダの窓を開けて(網戸にして)寝ていますが、朝起きた時にセミの鳴き声が聞こえるのが好きです。

殿の渡航日が決まりました。9月頭からだそうです。
僕も海外出張が入っていたり、殿も渡航前の準備があったりで、なかなかタイミングが合わせられず、渡航前に会えるのは、8月最後の土日だけです。早く会いたいけれど、お別れの時が近づくのは寂しくて、複雑な心境です。笑

ネットがあるし、メッセージのやり取りもビデオ通話もできるし、たまには帰国できるし、今とそんな変わらないよなんて何ともなしに言う殿ですが、そんな変わらないわけはないだろう…。笑

ゆくゆく海外に行ってしまうだろうというのは、付き合い始めた当初からわかっていたことなのですが、いざそうなるとやはり寂しいですね。
ちなみに、任期は2年くらいらしいですが、任期終えたとしても日本に戻ってくるかはわからないし、そんなに待っていられる自信はあまりありません…。笑

※記事タイトルは、同名のユーミンの曲を意識しており、殿の赴任先ではありません。笑

ポチッとなー!
スポンサーサイト

thread: 同性愛・両性愛

janre: 恋愛

[edit]

page top

 

2016

07/24

Sun.

10:40:35

All My Demons Greeting Me as a Friend (2016) - AURORA 

Category【聴いたアルバム

All My Demons Greeting Me as a Friend [Tracks]
1. Runaway
2. Conqueror
3. Running With The Wolves
4. Lucky
5. Winter Bird

6. I Went Too Far
7. Through The Eyes Of A Child
8. Warrior
9. Murder Song (5, 4, 3, 2, 1)
10. Home
11. Under The Water
12. Black Water Lilies

13. Half The World Away
14. Nature Boy
15. Wisdom Cries


今年メジャーデビューしたノルウェーのシンガーソングライターAURORAのメジャー第1作目となるアルバムです。初めて彼女の曲を聴いたときから、その独特な世界観と儚げな歌声がすごく気に入ったので、アルバム発売を待ち侘びていました。

彼女の歌声や世界観が生かされたアルバムに仕上がっていると思います。魔術だとか暗黒の森だとか、妖精だとか、そんなのが出てくる西洋のファンタジー映画の中にいるような雰囲気。笑

アルバムに先駆けてリリースされていた①Runawayや③Running With The Wolvesの厭世的な曲のイメージが強かったので、アルバムもそういった雰囲気になるのかと思っていたら、②Conquerorや⑧Worriorといったポジティブで明るい曲調の作品も収録されていて、また違った一面も発見できました。

全体的に似たような雰囲気の曲が多く、曲数も多いので、最初聴いたときは一曲一曲のイメージが弱いと思いましたが、曲のアレンジは彼女の歌声にすごく合っていますし、耳に心地良いのでついつい聴き入ってしまいます。

②Conqueror
I've been looking for the conqueror But you don't seem to come my way
躍動感があって幸せそうな雰囲気が漂います。片想いを歌った曲でしょうか。歌っているときのユニークな手の動きや表情はオーロラちゃんのトレードマーク。


③Running With The Wolves
シングルカットもされていますが、サウンドがすごくかっこいいし、アルバムの中でも際立っているように思います。MVも曲の世界観を上手く表現していて良いなぁと思います。オーロラちゃんの演技や表情にも注目です。


⑦Through The Eyes Of A Child
I would rather see this world through the eyes of a child
「子どものような目で世界を見たい」と、オーロラちゃんの音楽の哲学を歌います。冒頭のアカペラは歌声の美しさが光ります。終盤のコーラスも綺麗です。


⑨Murder Song (5, 4, 3, 2, 1)
He did it all to spare me from the awful things in life
人殺しソングという怖いタイトルがついていて、冒頭でいきなり射殺されてしまいます。「彼は私がこの世界の酷い部分を見なくて済むように殺したの」というなんとも悲痛な曲です。


⑪Under The Water
Under the water we can't breathe Under the water we die
なんだか息苦しそうな歌詞と、重苦しいアレンジ。
サビの沈んでいくような雰囲気が怖い。

これからの活躍がとても楽しみです。

thread: 本日のCD・レコード

janre: 音楽

tag: アルバムレビュー 

[edit]

page top

 

2016

07/17

Sun.

22:34:28

Style '14 

Category【恋愛なう

実は先週、殿とケンカしていました。
ケンカの原因は、会う頻度。チャンスがあれば会おうとする僕と、そんなに会わなくても大丈夫な殿。2人の気持ちのつり合いがとれていなくて、これまでも度々ケンカになったことがあるのですが、今回はさすがに「もうダメだ別れよう」って思いました。

ラインの口論から始まったのですが、お互い冷静ではなかったと思います。文字だと、面と向かっているときにはしないような不要な悪態がつけてしまう気がします。ラインで口論になるといつも殿の言い方が冷淡すぎて、傷つくこともしばしば。ですが今回は殿の言い草に本当に頭にきて、別れを切り出しました。殿も「別れたっていい」というので、まさにケンカ別れの流れ。

ただ、別れるにしても、せめて顔見てきちんと話してからにしようと思い、ビデオ通話で話をすることにしました。言いたいこと言って、皮肉交じりのお別れを言って終わりにしようと思っていました。
が、結局のところ、1時間半話した末に、別れるには至りませんでした。笑

画面越しに顔を見て話してみたら、案外殿は落ち着いていて、険悪な様子もない。むしろ僕は精一杯深刻かつ険悪な雰囲気を出そうと頑張っていたのですが、そんな努力も殿には効果なしで、さっきまで別れよう!って意気込んでいた気持ちが嘘のように小さく小さく…。言いたいことは言ったものの、いざ殿を前にすると、別れたいとは言えませんでした。

正直、別れなくてよかったのか、わかりません。結局2人の恋愛に対するスタンスの違いや気持ちの温度差は相変わらずで、問題が解決したわけじゃないですからね。
これまでも、これからも、きっとまた同じようなことでケンカするんだろうなぁとも思いますが、殿は「長く付き合っていきたい」と言っているので、その言葉を信じてもう少し一緒にいてみようと思います。

先週ケンカしている間は寝つきがわるくて、寝不足気味の3連休です。
メンタルの弱さ。笑

"Style" Taylor Swift
♪When we go crashing down, we come back every time Cause we never go out of style♪

ポチっとなー!

thread: 同性愛・両性愛

janre: 恋愛

[edit]

page top

 

2016

07/10

Sun.

23:40:44

異国の街へ '14 

Category【恋愛なう

殿の海外行きが決まりました。ちょっと辺鄙なお国に赴任することになりました。
日本とあまり関わりがないし、観光地としても全くもってメジャーじゃないし、首都がどこか聞かれてもたいていの人はわからないと思います。笑
先進国ではないし、国民の大半はイスラム教徒ということで、日本人の、しかもゲイ男子にとっては不便も多そうな気がしますが、ひとまず仕事が決まって殿もホッとしているのではないでしょうか。

僕も殿が脱ニートできて安心しましたけど、それより本当に行ってしまうのかと思うと寂しいです。本人はしょっちゅう帰ってくるなんて言ってますけど、あっちでの仕事は忙しそうだし、そんな簡単に帰ってこれないだろうと思います。そもそも殿は僕にそんな会わなくても大丈夫そうなんで、距離がさらに遠くなることについては大して気にも留めていない様子です…。笑

「異国の街へ」  河口恭吾&沢田 知可子
♪小舟にゆれて あぁ恋は風まかせ♪
恋は風まかせ。帰ってくるのかわからない。待っているのかわからない。

ポチッとなー!

thread: 同性愛・両性愛

janre: 恋愛

[edit]

page top

 

2016

07/07

Thu.

22:16:12

Hometownへようこそ '88 

Category【恋愛なう

7月に入った途端に暑くなりましたね。

先月は殿がこちらに遊びに来てくれたので、次は僕が遊びに行く番。
ということで、計画を立てているのですが…。

8月なら両親が旅行で家を空けているから、殿の実家に泊まれるし、車も出せるということで、8月にしたいとの殿からの要望なのですが、例によって8月は出張が入っていて無理そう。
なので、7月の3連休に行くのはどうかと提案したところ、これまた例によってケチな殿なので、7月は実家に泊まれないし、車も出せないから、宿代・レンタカー代がかかってもったいない。しかも3連休だから混んでると。笑

どっか出かけようってなるとたいてい混んでるのイヤだ、高いのイヤだと文句言います。7月会えないなら8月も会えないし、そうなると9月…。僕に会うモチベーションの低さ…。会う気あんのか。今は一時的にニートでお金に余裕がないってのはわかるけど。

というわけで、思い描いていたような楽しい夏にはならなさそうな気配がしていますが、殿の気が変わることを、もしくは出張の日程が変わることを祈ります。

殿の実家行ってみたかったけどな。好きな人の実家とか故郷って興味深くないですか?興味深いっていうのもなんだか変な言い方ですけど(笑)、なんだか気になるし、ワクワクしませんか。笑

"HOME" アンジェラ・アキ
♪ふるさと 心の中で今でも優しく響いている♪

ポチっとなー!

thread: 同性愛・両性愛

janre: 恋愛

[edit]

page top