09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2016

10/29

Sat.

16:05:10

Beer Money '12 

Category【毎日

今年は2回アメリカに行きました。実はアメリカは行ったことがなかったのですが、まさか同じ年に2回も行くことになるとは思いませんでした。
2回とも仕事です。仕事なのでそんなに楽しい思い出はありません。笑

現地のスタッフが手加減なしのネィティブスピードで喋るのになかなかなかついていけないのと、意見しようにも上手いこと言えなかったりで、もっと英語力どうにかしないとなーと。これは海外出張行くといつも思うわけですが。なんか最近単語とかフレーズとか全然覚えられない気がするんですけど、年ですか。
今回それがけっこうストレスだったのか、会議で英語で捲し立てられて、何も反応できず窮地に立たされるという悪い夢を見ました。笑

2回目は、関連業界の展示会に参加するという目的で渡米しました。
出展企業のブースを訪問して、うちの新商品のアピールをしつつ反応を見るという任務があったので、拙い英語を駆使していろいろ聞いてきました。皆さんテキトーな英語喋る日本人相手に親切に対応してくれて、なんとか任務を達成できました。
良い経験させてもらいました。

今回フロリダとカリフォルニアの郊外に行きましたけど、都市を出るとずっと同じ景色ですね。からっからの荒野がずっと続いていて、ハイウェイ降りたらどこもファミレス、ファーストフード、ガソリンスタンド、みたいな景色。なーんもない。田舎の"なんもない"感がハンパない。アメリカって広いんだなぁと。
現地スタッフの車に乗ってなんもないカリフォルニアの郊外を走っていたら、カントリー歌手Kip Mooreの曲が流れてきました。カントリーミュージックが良く合う景色です。笑
日記用日記用
基本的に観光する時間はありませんが、フロリダでNBAの試合観戦ができました。
お土産に大統領選グッズを購入。フリスクみたいなやつ。

"Beer Money"  Kip Moore
欧米行くといつも10代に見られてしまうのでw、お酒飲もうとするとからかわれます。笑 ビールはとりあえずBud Lightを頼みます。

ポチッとなー!
スポンサーサイト

thread: 日記

janre: 日記

[edit]

page top

 

2016

10/24

Mon.

00:03:19

青いエアメイル '79 

Category【恋愛なう

先週末に殿とビデオチャットしました。
赴任して1ヶ月半、まだまだ仕事も生活も不慣れなようですが元気そうです。
辺鄙な国ですが、仕事で駐在している日本人もそれなりにいるようで、日本人会があるそうです。殿もこの前初めて参加してきたそうで、「日本人会で知り合ったイケメン商社マンとご飯食べてきた」なんて楽しそうに話していました。笑

「12月にこっち遊びに来たら?」って言われたんですけど、その時期は仕事が忙しくて長期の休み取れそうにないので断ったんですが、殿にしては珍しく諦めが悪かったような。さすがにちょっと寂しいんですかね。笑
そもそも、そんな気軽に行ける距離ではないんですけどね。
来年暖かくなったら行こうかなと話しています。知り合いでもいないとなかなか行くことがないような国なので、今からワクワク。

年明けに日本に帰国するそうなので、久しぶりに会うことができそうです。
実家に帰ったりするので、僕が会えるのは2,3日ですけど。
何しようかな、どこ行こうかな。

「青いエアメイル」  松任谷由実
♪青いエアメイルがポストに落ちたわ 雨がしみぬうちに急いでとりに行くわ♪
♪傘をほほでおさえ待ちきれずひらくとくせのある文字がせつなすぎて歩けない♪

それにしても、遠い海の向こうにいても毎日メールできたり、ビデオ電話できたり、行こうと思えば行けるし、便利な時代です。ユーミンが「青いエアメイル」歌ってた時代は、異国に行ってしまった恋人との連絡手段はそれこそ手紙ですよね。今と比べると「不便」ってことになってしまうんだろうけど、遠くにいる好きな人からの便りを今か今かと待ち侘びる気持ちって、現代人はもはや体験することができないですよね。いつでもどこでもコミュニケーションとれてしまうから。

♪傘をほほでおさえ待ちきれずひらくと くせのある文字がせつなすぎて歩けない
って一節が好きです。

ポチッとなー!

thread: 遠距離恋愛

janre: 恋愛

[edit]

page top

 

2016

10/20

Thu.

23:07:25

Music Up to Date 20161020 

Category【異国音楽

異国のシンガーたちの新曲をアップデート。

"Eheye Lach Osher"(I can be your hapiness)  Harel Moyal
イスラエルのイケメンシンガー Harel様が新曲のビデオをリリースしていました。結婚式で歌っているようですけど、メロディはどこか悲しげなカンジもします。
お顔がタイプ過ぎて、個人的には彼の男前偏差値は世界の芸能人の中でもトップクラスだと思っています。笑
歌声も素敵なんですよね~。


"Cette année-là"(This is the year)  M.Pokora
フランスのイケメン ポコラ氏の新曲。80年代風な楽しい曲。彼の音楽はだんだんとポップになっている気がします。今年アルバムをリリースしたようです。髪を染めて、遠くから見るとなんだかいつかの平井堅みたいに見える。


"Sinine Safiir"(Blue sapphire)   Ott Lepland
エストニアのオットさんも新曲出してた。数年前のユーロビジョンで見てから追っかけてますが、最近すっかり垢抜けました。彼もまた歌声が素敵なんですよね~。秋空に合いそうな爽やかな曲ですね。

ポチッとなー!

thread: お気に入り&好きな音楽

janre: 音楽

[edit]

page top

 

2016

10/18

Tue.

20:42:13

かぶき 

Category【旅行・お出かけ

歌舞伎歌舞伎
銀座の歌舞伎座にて歌舞伎を観てきました。
招待チケットをもらった友人に誘ってもらってタダで観ることができました!
観たのは(先日浮気疑惑で話題になった)中村橋之助、改め8代目中村芝翫襲名披露です。3人の息子さんの襲名披露でもあります。

今回初めてわかったことなのですが、歌舞伎って公演時間が長いんですね。僕は昼の部で鑑賞したのですが、11時開演で終わるのは15時45分。ほぼ5時間!ほぼ5時間の内訳はというと、20分の演目が2つと、1時間の演目が2つ、そして各演目の間に20~30分の休憩が入ります。なかなかの長丁場です。30分休憩の際に、持参のお弁当だったり、会場内の食事処で昼食をとる人が多いです。僕もデパ地下弁当を持っていて食べました。

台詞や唄が何言ってるかよくわからなそうだし、長い時間飽き足り眠気に襲われずに観ていられるものか…と不安だったのですが、実際観てみると、意外にも終始楽しく鑑賞することができました。
台詞や唄も言ってることが聞き取れて理解できる部分もけっこうありましたし、そうでない部分も解説イヤホンが解説してくれました。歌舞伎座では音声で解説してくれるイヤホンと字幕で解説してくる小型モニターの貸し出しを行っているので、初心者はぜひ利用すべきです。
僕は今回イヤホンを利用しましたが、思いのほか浄瑠璃の唄や楽器の音色を聴いているのが楽しく、浄瑠璃の音に集中したいのであえてイヤホンを外していることも多かったです。字幕モニターの方が歌詞も見られて集中できそうなので、次観ることがあったら字幕モニターかな。

今回の公演の演目は、「初帆上成駒宝船」、「女暫」、「浮時鴎」、「幡随長兵衛」の4本。「初帆上成駒宝船」は、8代目中村芝翫の息子3兄弟が主役を務める舞を中心とした演目。3人のお披露目と襲名を祝う内容です。一番下の子はまだ15歳というから驚きです。しっかりしてるなぁ。

「女暫」が一番面白かったかな。平家物語に出てくる腕の立つ女武士・巴御前が悪党を退治するというストーリー。主役の巴御前は中村七之助。よくテレビで観る人だ!とミーハーな感じで友人と盛り上がっておりました。笑
女形の演技がすごかったです。女性のしとやかさが演技にしっかり表れていて、男性が演じているとは思えません。発声もただ男役より声が高いというだけでなく、目を瞑っていても聴き分けられるような声色の違いがあるように思いました。所作も、女形は歩く時も動きが静かで、上半身がまったくブレないんです。足元を見なかったら幽霊がスーッと動いてるみたいな感じ。細かなところまで気を遣って演じているんだなぁと。

今回おやっ?と思ったのは空席の数です。僕らは前から10列目くらいの端の席だったのですが、僕らより前の席はけっこう空席がありました。3連休の土曜日、しかも襲名披露なのに、こんなに空いていて良いものなのだろうかと。普段の混み具合がわからないので何とも言えませんけど、満員!ってことがあまりないんだったらちょっと寂しいなと。
歌舞伎はチケットがけっこう高いけれど、機会があったらまた観てみたいな。

歌舞伎を観た帰りに友人と銀座の喫茶店へ。
店に入ってメニューを見てびっくり、コーヒー1杯1200円から!
ランチ食べられちゃう。恐るべし銀座価格。笑
歌舞伎タダだったし、これくらい…ということで、思い切ってブレンド珈琲を注文。たしかに美味しい珈琲でした。が、1杯700円超えてくるような高級珈琲はそれ以上高くなっても僕の舌では違いが判りません。笑
ちなみに、同じタイミングで店に入ったカップルは席に着いたものの、メニューを見て帰ってました。笑 お店自体はとても雰囲気が良くて、マイセンの食器や陶器の人形があるので、マイセン好きやカップ好きには楽しいお店です。

ポチッとなー!

thread: 歌舞伎

janre: 学問・文化・芸術

[edit]

page top

 

2016

10/08

Sat.

21:45:17

ダリ展(国立新美術館) 

Category【美術館めぐり

ダリ展国立新美術館のダリ展へ。
シュルレアリスムの代表的なアーティスト、ダリ。
初めて彼の作品を目にしたのは中学時代に美術の教科書に載っていた「記憶の固執」だったと思いますが、フニャフニャに溶けたような時計と荒涼とした雰囲気が印象的で面白いなーと思った記憶があります。

奇抜で奇怪な作品をたくさん鑑賞することができました。画面の中の異世界を眺めるのは楽しいですが、作品の意味はよくわかりません。笑
ダリ自身、「まず、アイデアがあって、説明は後からついて来るんだ」と言っていたらしいです。つまりこじ付け…?
彼の作品に繰り返し登場するイメージには、それぞれ意味があるらしいです。例えばアリは「死」を意味するだとか。それでもよくわからなそうですが…。予習して行けばまた違ったのかもしれません。
ダリ展
意味不明でも、彼の奇天烈な世界観を覗くのは楽しいです。なんでこの組み合わせ?みたいなモチーフがあったり、ものすごくグロテスクだったり、「???」ばかり浮かんで来ます。

ものすごくユニーク、というか変人だったそうですが、ダリの頭の中も彼の作品のような感じなんでしょうか。

一番好きだったのはこの作品です。
「見えない人物たちのいるシュルレアリスム的構成」


なんだか引き込まれそうになる異空間。この絵も謎だらけ。水辺にベッドとイスがあるのも謎、柱の上の宝石も謎、遠くに見える白い建物も何だろう。そしてよく見るとベッドの人型の股間部分にアリ(?)が群がっています。何だろうって考え出すとなかなか楽しい。

今回10年ぶりの本格的なダリの展示ということで、けっこう混雑していました。
僕らは13時過ぎに到着して並ばずに入場できましたが、出てくる頃には入場規制されていて、展示会場の前に行列ができていました。行くなら早めの時間がお勧め。

福島にダリの作品を所蔵している美術館があるので、そちらも行ってみたい。
次はもうちょっと予習して行ってみよう。

ポチッとなー!

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

[edit]

page top

 

2016

10/03

Mon.

00:21:34

結婚式をブッ飛ばせ '97 

Category【毎日

高校時代の部活仲間の結婚式に行ってきました。
今年は高校の部活仲間たちが急に結婚し始めて、急に置いてけぼり感。
そのおかげで今年は何度か皆と会えたりもするけれど。しばらく会っていなくても、なんとなく居心地が良いような気がするのは、大事なことだと思う。

結婚式の2次会は嫌いだけど、挙式と披露宴は嫌いじゃない。おめでたいし。
チャペルでのキリスト教式の挙式は未だに違和感。でもやっぱり皆教会での挙式に憧れるんだろうなー。神父が外国人である必要あるのか?と思うけど、きっと外国人雇う方が楽なんだろう。でも外国人だと逆にニセモノ感。

この前初めて人前式の挙式に参列したけれど、あれは良いと思いました。僕が式を挙げる可能性は限りなく低いけれど、やるなら人前式がいいなぁと思いました。笑

部活仲間である新郎は、余興の依頼もギリギリでしてくるし、なんかテキトーだし、式に対するモチベーション高くなさそう…と思っていたのだけど(笑)、披露宴の演出もそれなりに凝っていて良かった。やはり一生に一度の晴れ舞台。

式でご両親や家族が泣いている姿を見ると、毎度目頭が熱くなってくるのですが、その時の気持ちを自己分析した結果、感動してもらい泣き、というより、自分は親にこういう幸せな場面を経験させてあげられないんだな…という不甲斐無い悲しさからウルッとしてしまうんだと思いました。
やっぱり結婚(式)というのは、子供にとっても、親にとっても、大きな節目だと思うのです。

式の後、参列していた部活仲間と飲みまして。
やっぱり「結婚の予定はないの?」という話題になーる。
前回皆に会った時には、殿を彼女に変換して、遠距離の彼女がいる、という設定でテキトーに話していたのですが、先月から遠い異国の地へ飛び立ってしまいましたので、遠距離が、遠距離に。
しかし、彼氏が海外駐在という話はあっても、彼女が海外駐在したなんて話はありません。笑 設定をいろいろ考えるのもめんどくさくて、「やっぱり遠距離はムリで、別れた」ということにしてしまいました!笑

そのまま遠距離で続いてる~としておいても問題なかったと思うけれど、そうするときっと、どれくらいの頻度で会ってるのかとか、結婚はまだしないのかとか、それはそれでまたテキトーな話をでっち上げなければならないので、めんどくさい。
もう、そもそもすべてがめんどくさい。←

彼らにだったらカミングアウトしても良いかなーとも思ったりもするけれど、反応が読めない人もいるし、読めたつもりでもそうはならないこともあるし、やっぱりそこまでは踏み出せない、まだ。

来月もまた部活仲間の結婚式だ…

「結婚式をブッ飛ばせ」  松任谷由実
♪Oh yes! 火花飛ばして結婚式をブッ飛ばせ
    My God! あわてるあなた あきれる神父♪

ポチッとなー!

thread: 日記

janre: 日記

[edit]

page top