FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2017

10/24

Tue.

21:00:03

Music Up To Date 20171024 

Category【洋楽(英米)

追っかけているアーティストが新曲を発表しておりました。

"Too Good At Goodbyes"  Sam Smith
11月に3年ぶりとなる新アルバムをリリース予定です。相変わらず悲しい恋愛を歌っておりますが、「幸せな曲を書こうとしたけど書けなかった」とインタビューで言っていたので、次作も悲しげな仕上がりになるのでしょうか。すでに2曲目のシングルカットとなる"Pray"も発表しています。

"A Message to Myself"  Roo Panes
最近追っかけているイギリスのシンガーソングライターの新曲。
靄がかかった景色の中で聴きたい雰囲気。そろそろアルバム出さないかな。

"Gorgeous"  Taylor Swift
すでに"Look What You Made Me Do"で話題となっているテイラーが新アルバムから3曲目のシングルカットとなる曲を発表しました。僕はこれまで出ている3曲の中ではこの曲が一番好き。次のアルバムは前作"1989"とはまたガラリと方向性を変えたアルバムになりそうですね。僕の好みとは違う路線になる気がして不安。笑
スポンサーサイト

thread: 最新音楽ニュース

janre: 音楽

[edit]

page top

 

2017

10/21

Sat.

18:04:01

Carousel '11 

Category【恋愛なう

10月入ってから急に寒くなりましたね。天気も悪いし、早くも夏が恋しい。
殿と別れましたが、以前より頻度は減ったとはいえ、普通に連絡取り合っているし、元々遠距離で会えないから、週末の過ごし方が変わるでもなく、別れた後も表面上僕の生活にはほとんど変化がありません。
でも、気持ち的には以前と違うなぁと感じていて、何というか、心の中にこれまで殿がいたスペースが空っぽというか、何かが抜けたような感覚。絶交したわけでもないし、また会おうと思えば会えるのだけど、自分の中では殿との関係が変わったんだということを認識しているゆえの感覚なんだと思います。超遠距離で、会えなくても、殿の存在は僕の心の中でしっかりと存在感を発揮していたんだと、今になってまじまじと感じています。

おセンチ気分に浸っている僕とは裏腹に、殿はあっけらかんとしていて(笑)、今度帰国したとき家に泊まらせてくれと、いつもの調子で僕の予定を聞いてきたくらいです。笑

別れてから、新たな出会いに向けて、早速ゲイなアプリを再始動しました。笑
再始動といっても、僕らお互いに付き合っている間もゲイなアプリ続けていたので、「彼氏あり、友達募集」を、「彼氏なし、恋人募集」に変えるくらいですが。

また一から他人と関係を築いていくプロセスを辿るのかぁと思うとちょっと面倒くさい気持ちも出てきますが、早速、アプリでやりとりしている人と近々会うことになったので頑張ろうと思います。笑

"Carousel"  Vanessa Carlton

thread: 男同士の恋愛

janre: 恋愛

[edit]

page top

 

2017

10/10

Tue.

23:47:05

Sweet Rosemary '16 

Category【恋愛なう

殿と別れました。
本当は直に会って話したかったけれど、次帰国するのは年が明けてからになりそうだったので、ビデオチャットで話すことに。

どんなふうに伝えようか、何度も頭の中でシュミレーションしていたのにも関わらず、実際言おうとするとなかなか話を切り出せず、しばらくいつも通りのビデオチャットな雰囲気でお喋りしてしまいました(笑)

喋り始めて1時間経ったところでようやく(笑)、別れ話を切り出すことができました。殿は事前にちょっと予感していたのか、あまり同じた様子もなく、僕の話を聞いて、「じゃあ、友達に戻ろうか」と一言。今までは殿のそういうドライ過ぎるところに悩んでいたけれど、別れ際となると後腐れもなく、むしろ楽に感じられます。さすがに声色はちょっと寂しそうだったけれど。

お互いに険悪なムードにも、悲壮感漂う雰囲気にもならず、友達に戻ろうと話した後は、2年間楽しかったねと、思い出話をしたり、恋愛観はお互い違ったよねと2人の関係を振り返ったりして、最後は「2年間ありがとう」と言い合って、さっぱりとした終わり方でした。

さっぱりしてはいたけれど、僕はやっぱり寂しい気持ちがあったし、殿の顔を見ていると後ろ髪を引かれる思いでした。殿も、少しは寂しく感じていただろうか。
僕は殿の態度とか愛情表現にどこか満たされない気持ちを感じていたけれど、殿が殿なりに僕のことを想ったり、考えたりしてくれていたのは感じていたし、別れることになって、表には出さないけれど、心の中でいろいろ思うことはあるんだろうなと思います。

恋愛観がやっぱり違った僕らでしたが、先日の記事について、「恋愛観は経験によって変わっていく」というコメントを頂きました。その言葉を聞いて、確かにそうかもなぁと。もしかしたら数年後はやっぱり殿みたいな人がいいなって思ってるかもしれないし、殿の考え方も変わっているかもしれないです。ちょっと出会うのが早すぎたのかもしれません。

お別れするのは哀しいけれど、ケンカ別れだったり、絶交するような別れ方でなくて良かったなと。今後は友人として。都合がつけば、次回帰国時にはご飯でも行くつもりです。

"Sweet Rosemary"  鬼束ちひろ(covered by 杏)

thread: 男同士の恋愛

janre: 恋愛

[edit]

page top