FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2017

11/09

Thu.

22:11:00

RAINBOW (2017) - Kesha 

Category【聴いたアルバム

Rainbow [Tracks]
1. Bastards
2. Let 'Em Talk
3. Woman
4. Hymn
5. Praying
6. Learn To Let Go
7. Finding You
8. Rainbow

9. Hunt You Down
10.Boogie Feet
11.Boots
12.Old Flames (Can't Hold A Candle To You)
13.Godzilla
14.Spaceship
15.Emotional


2009年に"Tik Tok"をヒットさせて一躍注目のシンガーとなったKesha。2012年のアルバム"Worrior"のリリース以降、摂食障害でリハビリ施設に入っていたり、プロデューサーからの性的暴行を告白して訴訟を起こしたり、とても音楽活動に専念できる状態ではなかったようですが、4年ぶりにアルバムをリリースしてくれました。

人生のどん底だった4年間を経て、強く、優しくなって帰ってきた彼女のとってもパーソナルで力強いメッセージの込められたアルバムです。

過去の作品はEDM系で歌声もオートチューンで加工していることが多かったですが、本作はロックとカントリーの要素が強くてこれまでとは大きく異なるサウンドです。個人的にはこちらの路線の方が好み。ケシャの素の歌声を聴くことができるのも、なんだか新鮮に感じます。

彼女の今の心境がダイレクトに反映された曲が多いですが、いくつかの曲で「人生は短い」というフレーズが出てきます。全然思うようにいかなかった4年間、「こんなことしてる場合じゃない!」と焦る気持ちが募っていたのではないでしょうか。
僕も最近、人としての成長が感じられないままに気づけば30歳目前となっている自分の状況と月日が流れる速さに、「何やってんだ、こんなことしてる場合じゃない…」と焦りを感じることがあって、このアルバムを聴いているとそんな自分を叱咤されているような気分です。

ケシャのように壮絶な人生歩んでいるわけでもないですが、今の自分の心持ちとも重なる部分があるし、聴いていると前向きな気持ちになれるのでお気に入りのアルバムになりそうです。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



thread: 本日のCD・レコード

janre: 音楽

tag: アルバムレビュー 

[edit]

page top