FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2018

01/31

Wed.

23:31:04

ボストン美術館パリジェンヌ展(世田谷美術館) 

Category【美術館めぐり

ボストン美術館パリジェンヌ展(世田谷美術館)世田谷美術館で開催中のパリジェンヌ展に行ってきました。世田谷美術館は初めて行きましたが、アウトサイダーアートを収集している美術館なんですね。今回はボストン美術館展ということで展示品の多くはボストン美術館のものだったと思います。

テーマはパリジェンヌということで、18世紀~20世紀くらいまでのパリに生きる女性に焦点を当てた展覧会です。"パリジェンヌ"というと皆が憧れるようなスタイリッシュな感じがしますが、18世紀あたりの時代は、文化の最先端パリにおいても女性の地位はまだまだ低いものでした。女性が社会に出て働くということはなく、子育て・家事に専従して家庭を切り盛りするべきとされていました。19世紀、印象派の時代になると、本展でも作品が展示されているメーアリー・カサットやベルト・モリゾといった女性画家も出てきますが、この頃はフランスの美術学校はまだ女性の入学が禁じられており、時代が女性たちに追いついていませんでした。
ボストン美術館パリジェンヌ展(世田谷美術館)
こちらは読書をする女性を描いたカサットの作品。この時代は女性が読書をすること(知識を得たり学んだりすること)がまだ特別なことでしたが、カサットやモリゾは、自分の意志で社会を生きる女性の姿を多く描いています。

展示品の中に、当時の先進的な女性を揶揄する風刺記事がありましたが、女性の立場が低かった状況とともにこの時代に急速に女性の社会進出が進んだということが感じられて興味深かったです。
たしか「北斎とジャポニスム展」で読んだ気がしますが、カサットと親しかったドガは、カサットのデッサンの上手さに「女なのにこんなに上手いなんてありえない!」と驚いたそうです。当時の前衛的な画家であるドガでさえこの調子ですから、この時代にはそう考える男性も多かったのでしょうね。

ところで、チケットに絵が描かれている2枚の絵画、左側の絵はマネ作の「街の歌い手」という作品です。酒場で歌う小汚い感じの流しの女性歌手を描いているのですが、最近この女性が画家もやっていてサロンへの出展歴もあるということがわかったそうです。男性社会の中でも、こんな風に日々を懸命に行きながら芸術活動に勤しむ女性がどんどん増えていたのでしょうね。
右側の絵は、肖像画で知られるサージェントの作品です。サージェントの作品は初めて。とっても優雅な佇まいに、さすがパリジェンヌ、と思いきや、実はパリジェンヌではなく、パリジェンヌに憧れるアメリカ人女性だそうです。笑

日記用パリ、パリジェンヌといえば、ファッションも忘れちゃいけません。展示品の中には当時の最新ファッションを紹介した雑誌やドレスなんかも展示されていました。18世紀のパリの女性の間で流行っていた髪型が、先日マ○コ会議で見たイマドキの女子高生の間で流行っている「盛り髪」と同じ方向性だったのが面白かったです。盛り髪のルーツはパリだったのか。

絵画の作品数はあまり多くはありませんでしたが、当時の女性の社会的な立場や社会進出の様子を知ることができて興味深い展覧会でした。
スポンサーサイト

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

[edit]

page top

 

2018

01/28

Sun.

22:23:31

Joanne'16 

Category【毎日

ひと月ほど前に、祖母がガンのステージ4だということが判明しました。

もう80歳を越えていて、ここ何年かは体調を崩して頻繁に病院にかかることも多く、しばしばいろんな検査をやっているようだったのですが、なかなか見つかりにくい部位のガンらしく、わかったときにはすでに他の部位に転移が始まっていたようです。放っておくと余命は半年、抗ガン剤治療をすれば1年くらいと宣告されました。

本人は、「もう80だし十分生きたし、みんなのおかげで幸せな人生だったわ」なんて言っていますが、一年後に生きているかわからないという状況で、しかも日々体調が悪くなっていく状況で、日々生きていくというのはどういう心情なのか、考えるだけで胸が締め付けられます。

先週から抗がん剤治療を開始したのですが、抗がん剤はとても負担の大きい治療なんですね。治療を始めた途端、体調が悪化し、入院してしまいました。また退院して家に戻ってこれるのか心配です。

残された時間も少なくなっているので、今年は実家に帰る頻度をできる限り増やすつもりです。最後まで祖母が家族と明るく賑やかな時間が過ごせるようにしたいと思います。

thread: 日記

janre: 日記

[edit]

page top

 

2018

01/23

Tue.

23:09:42

Woman (2013) - Rhye 

Category【聴いたアルバム

Woman[Tracks]
1. Open
2. The Fall
3. Last Dance
4. Verse
5. Shed Some Blood
6. 3 Days
7. One of Those Summer Days
8. Major Minor Love
9. Hunger
10.Woman


カナダ出身のミロシュとデンマーク出身のロビンによるデュオ"Rhye"のファーストアルバム。2013年リリースとすでに時間が経っているのですが、最近見つけてリピートしているアルバムです。

最初に"Open"を聴いて興味を持ったのですが、アンニュイな歌声とサウンド、歌詞の雰囲気がとても自分好みでした。歌声だけ聴いて女性が歌っているのかと思いきや男(ミロシュ)で驚き。歌っているのは男だけど、聞こえてくるのは女性の歌声、というのが、男女どっちでもない・どっちでもいいユニセックスな感じがして面白いなと。

このアルバムを作成した当時はミロシュは結婚したばかりだったり、ロビンも意中の女性を追いかけて転居したりと恋愛真っ只中だったということで、それぞれの恋人との恋愛を歌った曲が多いようです。しかしながら、テンションの高いラブソングというのは皆無で、恋人を見つめる優しい眼差しであったり、恋の儚さだったりを感じさせるような、優しくてどこか憂いのある雰囲気。
しんみりじっくり想い人に思いを馳せるときに聴きたいアルバムです。

-- 続きを読む --

thread: お気に入り&好きな音楽

janre: 音楽

tag: アルバムレビュー 

[edit]

page top

 

2018

01/20

Sat.

10:53:24

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢(東京都美術館) 

Category【美術館めぐり

ゴッホ展東京都美術館で開催していたゴッホ展に行ってきました。絶対混むだろうと思って、11月に一度平日休みを取って行こうとしたときは、65歳以上が無料で入館できるシルバーデーだったために大混雑で諦めたのですが、年末休みに行ってきました。
すでに年末休みに突入しているタイミングだったので、結局大混雑していましたが。。。

思ったよりもゴッホの絵画作品は点数が少ない印象でした。ゴッホのイメージでもある明るい色彩で描かれたアルル時代の作品が多いのかなと思っていましたが、少なかったかな(アルル時代の有名な作品「寝室」が見られました)。一方、ゴッホに大きな影響を与えた浮世絵の作品や手紙や資料などの展示がかなり充実していました。今回のゴッホ展の前に、国立西洋美術館でやっている「北斎とジャポニスム展」を見たのでデジャヴ感。笑

今回の展覧会に先駆けて、ゴッホの晩年の物語を描いた映画「ゴッホ 最後の手紙」を観ていたので、「あの頃の絵かなぁ」とストーリーを思い起こしながら楽しく鑑賞できたのは良かったです。
ゴッホ展(東京都美術館)


海を描いた作品がありました。
ゴッホの海の絵ってあまり多くない気がするので、新鮮に感じました。





こちら(↓)の絵は、ゴッホっぽくなくてとても印象に残っています。サン・レミの療養所に入っている頃の作品です。ちょっと怖いですよね。生命力が感じられなくて、なんだか森の向こうはあの世に繋がっているかのような雰囲気です。こんな絵も描いていたんですね。
ゴッホ展(東京都美術館)
ゴッホに影響を受けた日本人画家の作品もいくつか展示されていました。
佐伯祐三という画家の作品が好きだなと思って、後でネットで他の作品も調べてみたら、街の風景を描いた場末感溢れる作品が多くてすごく自分好みでした。この人もゴッホのように短命だったようで、残っている作品はそこまで多くないみたいですが。
ゴッホ展(東京都美術館)

思ったよりもゴッホの絵画作品の展示は少なく感じたのですが、今まで見たことのあるゴッホ作品とは一味違った作品が見れたのは良かったかな。

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

[edit]

page top

 

2018

01/15

Mon.

21:57:21

Music Up to Date 20180115 

Category【洋楽(英米)

最近見つけた気になるアーティストたち

"IDGAF"  Dua Lipa
イギリス出身のモデル兼シンガーソングライター。僕は最近彼女のことを知ったばかりなのですが、昨年のサマソニに出ていたりすでになかなか人気があるようです。低めのソウルフルな歌声が素敵。"IDGAF"は"I Don't Give A Fuck"(どうでもいい)の頭文字。強気な歌詞がかっこいい。曲もミュージックビデオもスタイリッシュで素敵。


"Moments Passed"  Dermot Kennedy
アイルランド・ダブリン出身の新人シンガーソングライター。まだEPを1枚出したばかり。ハスキーな歌声がかっこいい。この曲は彼の最新曲ですが、重苦しいサウンドと鬼気迫る歌声が素敵。


"Unknown (to you)"  Jacob Banks
こちらもイギリス出身のシンガーソングライター。歌声も曲もかなり好み。
スタイル良くて、Tシャツにジャージみたいなパンツ履いてるだけなのにめっちゃかっこいい。

thread: お気に入り&好きな音楽

janre: 音楽

[edit]

page top

 

2018

01/13

Sat.

10:38:58

カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち (パナソニック汐留ミュージアム) 

Category【美術館めぐり

カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち(パナソニック汐留ミュージアム)パナソニックミュージアムの「カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」展に行ってきました。

パナソニックミュージアムは、以前「マティスとルオー」展を見てルオー作品のファンになってからお気に入りの美術館になりました。

今回もルオーのまだ見たことのない作品が見られることを期待して行ってみました。

正直、ルオー目当てで、カンディンスキーは抽象画にそこまで惹かれないし、別段期待もせずに行ったのですが、カンディンスキーがキャリア初期に描いていた具象画はなかなか素敵で、これまでの不可解な抽象画ばかり!というイメージが変わりました。

カンディンスキーの作品で好きだったのは、チケットにも描かれている「商人たちの到着」。
筆のタッチを生かした描き方がとても独特で、特に衣服の描き方とか筆の動きがわかるような太い線で描かれているのに、そうとは思えないくらい形や陰影が自然に描かれていて面白い。
カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち(パナソニック汐留ミュージアム)

ほかにも、印象派風な風景画や、色遣いがとても洒落ている作品など、抽象画時代とは違った作風がとても新鮮でした。





ルオーの作品もたくさん堪能できまして、以前にも見た「聖書の風景」シリーズがやはりすごく素敵だなぁと改めて。
今回初めてみたルオー作品で一番好きだったのは、「月明かり モンタナの思い出」という作品。月明かりに照らされた海辺(?)を描いた作品なのですが、色遣いや厚塗り絵具の質感も何だかすごいし、近くで見たら何を描いているのかわからないくらい筆のタッチも大胆で、けれども離れて見ると不思議と美しい景色にまとまるんです。
カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち(パナソニック汐留ミュージアム)
パナソニッックミュージアムはそれほど広くないので、ひとつの作品じっくり見られるし、会場内を引き返して見返したりもしやすいので、この作品もずっと見ていました。

カンディンスキーの新たな一面も発見できたし、ルオーもさらに好きになって、満足な展覧会でした。

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

[edit]

page top

 

2018

01/07

Sun.

09:49:32

年末年始 

Category【毎日

年末年始は実家に帰省していました。
今年は妹が結婚・おめでたと良いニュースが続いた年だったのですが、最後の最後で家族から悪い知らせがありました。2018年はいろいろと大変な年になるかもしれない、と今から少し不安です。
今年は家族と地元の神社へ初詣へ行きました。家族揃って行くのは久しぶりかもしれません。今年は妹の旦那さんも一緒に来てくれたので、新鮮な感じがしたり、こんな日も来るとはな…としみじみしたり。来年は妹のベイビーもいるかもしれないと思うと、いつにも増して、家族の健康・安全を強く願う参詣となりました。
日記用
帰省する前には彼氏とも遊んでおりました。年末っぽいことをしようと、家で手巻き寿司をしてみました。新鮮なお刺身を買ってきて2人で巻き巻き。わりと食べる僕らなので、2人でご飯4合食べてしまいました。正月太りまっしぐら。笑

富士山を見に行こう!ということで伊豆へドライブにも。伊豆の国パノラマパークからの眺めが素敵でした。夕暮れ時だったので、見ているうちに色彩が変化していく富士山。夕焼け空のグラデーションが綺麗でした。
天気も良くて、ドライブ日和でしたが、行きも帰りも事故渋滞にハマってしまうというアンラッキー。笑

今年も良い年にしたいですね。

thread: 男同士の恋愛

janre: 恋愛

[edit]

page top

 

2018

01/03

Wed.

17:47:05

2018 -Awoken- 

Category【毎日

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
毎年言ってる気がしますが、年々時間の過ぎる早さが加速してるような気がして、本当に1年経ったのか?というくらいに2017年もあっという間でした。でも振り返ってみると、しっかり1年分の出来事が思い起こされます。

あっという間に過ぎていく時間の中で、以前にも増して思うのは、経験した出来事や感じたことを何かしらのカタチで残しておこうということです。忘れるんですよね。あまり頭を使って考えるのが得意ではないので、ボケーッとしていると全然記憶に残らないんです。感動したことや嬉しかったことも、その時はすごく心に残ったと思っても、思いのほか、忘れてるんです。
なので、写真なり言葉なりでその時のことを記録しておくように努めています。
特に、言葉で残すと、言葉にするときに振り返って考える機会になって記憶にも残るので、習慣づけたいなと。
何年もブログ書いていて今更かよってツッコみが聞こえますが。笑

2017年は今後の人生や仕事を見据えて「動く年」にすると言っていたのに、全然動かずに終わってしまいました。ただ、今年は遠い国への出張や殿の駐在先やその周りの国を訪れたりしたので、移動距離的には人生で一番動いた年でした。笑

今年で29歳になりますが、家族のことも恋愛も仕事も、もっと真剣に考えて取り組まないとこの先いろいろ困るなぁということがだんだんとわかってきて、今までいかに自分がちゃらんぽらんに生きてきたかを反省するとともに、、自分「生きて」いるんだなぁって感じています。この感覚、何とも伝えづらいのですが。笑

あまりに当たり前のことなんでしょうが、ちゃんと自分で「生きて」いかなければいけないんだと、この年になってようやく現実に目を向けられているような気がします。動かないと。

"Awoken"  Roo Panes
♪I feel like two different men/ The one who tries, the one who fails♪

thread: 日記

janre: 日記

[edit]

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。