FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2018

07/01

Sun.

23:49:41

Reputation (2017) - Taylor Swift 

Category【聴いたアルバム

Reputation [Tracks]
1. ...Ready For It?
2. End Game

3. I Did Something Bad
4. Don't Blame Me
5. Delicate
6. Look What You Made Me Do

7. So It Goes...
8. Gorgeous
9. Getaway Car
10.King Of My Heart
11.Dancing With Our Hands Tied
12.Dress

13.This Is Why We Can't Have Nice Things
14.Call It What You Want
15.New Year's Day


アルバムリリース前にテイラーのSNSの過去の投稿が全て削除されたり、その後意味深な蛇の動画が投稿されたり、なんだなんだ今度のテイラーは何を企んでいるんだ?とファンを騒がせた末にリリースされた待望の6thアルバム。

アルバムからの最初のシングルカットとなった⑥Look What You Made Me Do はこれまでのテイラーの作風とは全然違ったダークで挑発的なサウンドになっていて驚きました。アルバム全体のサウンドも同様で、これまでの爽やかで明るい雰囲気は影を潜めて、挑戦的でどこか張り詰めた雰囲気があります。オートチューンで歌声を加工したり、ラッパーを迎えたりと、これまでの作品には無かった試みも。

前作も思いっきりポップスに振り切ったアルバムでしたが、今作はさらに振り切ってきて、テイラーのポップアイコンとしての自負が感じられます。ファンが求める音楽を創っているというよりは、天邪鬼的なスタンスで創っているように感じる一方で、元々のカントリーというジャンルから離れた音楽でどれだけ勝負できるのか挑戦をしているようにも見えます。

プロデューサー陣は、主要な部分は前作「1989」と同じく、ShellbackやMax Martinが担当しています。一見(一聴)、イマドキポップスサウンドの似た曲ばかりという印象を持ちました。曲数多めなのが余計にそう感じさせるのかもしれません。しかしながら、耳に残るキャッチーなメロディー満載なのはさすがだなぁと。聴きやすいし口ずさみやすいのでついつい聴いてしまいます。以前のカントリーな要素は完全に消え去っているので、あの頃のサウンドが好きな人には合わないかもしれません。
個人的にはこちらのテイストも意外にありだと思いますが、「1989」くらいの方が音的には多彩で面白いと思います。今回のようなテイストで続けていくのはあまり広がりがなさそうな気がしますし。

次はプロデューサー陣をごそっと変えてアルバムを作ってみて欲しいなと思います。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

thread: お気に入り&好きな音楽

janre: 音楽

tag: アルバムレビュー 

[edit]

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。