07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2015

10/17

Sat.

20:49:47

I AM (2015) - Leona Lewis 

Category【聴いたアルバム

I AM [Tracks]
1.Thunder
2. Fire Under My Feet

3. You Knew Me When
4. I Am
5. Ladders
6. The Essence of Me
7. I Got You
8. Power

9. Another Love Song
10. Thank You
11. Thick Skin
12. The Best and The Worst
13. I Am (Acoustic ver.)
14. Thunder (Acoustic ver.)
15. Fire Under My Feet (United Studios Session)
16. Fire Under My Feet (Endor remix)


英国の歌姫Leona Lewis のメジャー4枚目のアルバム(X'mas盤も含めば5枚目)。
今回のアルバムは、デビュー時から在籍しているサイモン・コーウェルのレーベルからアイランドレコードへ移籍してのリリースです。心機一転、キャリアの第2章を踏み出すレオナの決意とやる気に満ち溢れたアルバム。
前作は正直あまり良い出来ではなかったと思います。聞いていて面白い曲が少なかったし、あぁレオナもこれまでかなぁ…と寂しく思っていたのですが、今回のアルバムは前作よりも聴き応えがあります。セールスも好調だと良いなぁ。

①Thunder
"I'm coming back with a thunder"という歌詞にこのアルバムにかけるレオナの想いが現れているようです。移籍第一弾のアルバムの1曲目を飾るにふさわしい力強い曲です。個人的にはこのアルバムで一番好きな曲。歌詞を見るとサイモン・コーウェルと何かあったんだろうか…と勘繰ってしまいそうですが、移籍後も良好な関係とのことで一安心。

②Fire Under My Feet
これは今までのレオナの曲にはなかったタイプですね。リズミカルで躍動感があってレオナの歌声もかっこいい。自分らしさを武器に逆境も乗り越えていこうという応援ソング。こういう新機軸の曲がもっとあっても良かったかなぁと思います。

④I Am
こちらもThunderのように新たなスタートをきるレオナ自身の心境を歌った曲のようです。この曲の歌詞に出てくる"you"というのは、今まで一緒に仕事をしていた人たちや環境のことを指しているのでしょうね。

⑧Power
今回のアルバムは力強い熱唱が聴かれる曲が多いですけども、その中でもこの曲はタイトルの通りひときわ力強く迫力のある歌声が聴けます。
⑬The Best and The Worst
これボーナストラックなんですけど、なんで本編に入れなかったんだろうと思います。オーソドックスな曲ですが、とてもかっこいい。Sam Smithのアルバムに入っていそうなカンジ。

新たな環境で仕事をすることになったレオナの心情を表現したような曲が多いです。何か新しいことに挑戦するとき、ちょっと自信をなくしてしまったとき、そんな時に聴いたら元気とやる気が出てきそうなアルバムです。やはり得意のバラードが大半を占める内容ですが、もっと②Fire Under My Feetみたいな新しいスタイルに挑戦した曲があったらさらに面白いんじゃないかと思います。バラードのレベルでは、どうしても1作目・2作目に勝るのは難しい気がします。
スポンサーサイト

thread: 本日のCD・レコード

janre: 音楽

tag: アルバムレビュー 

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://secretomio.blog60.fc2.com/tb.php/1019-7ea5c943
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top