07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2015

10/12

Mon.

14:20:13

「夫夫円満」 

Category【毎日

夫夫円満




 最近読んだ本
 「夫夫円満」








2011年から2013年まで神戸のアメリカ総領事館に駐在したパトリック・リネハン氏と彼の夫エマーソン・カネグスケ氏の著作。タイトルから、写真から、わかる通り、同性結婚をして「夫夫」として暮らすパトリック氏とエマーソン氏。両氏のそれぞれの生立ちや、二人の馴初め、結婚後の生活を中心に、LGBT(性的マイノリティ)を取り巻く環境や、同性愛という性的指向についてもわかりやすい文章で書かれています。そもそも同性愛ってどういうこと?LGBTってどんな人?という非当事者(ストレート)の人にもオススメしたい内容です。

僕のような当事者にとっても、二人の幼少期のストーリーに共感したり、馴初めや結婚生活の話で胸をときめかせたり、読んでいて楽しい内容です。2人の純愛っぷりに、ただでさえ恋愛に夢みがちな僕は、さらに夢を膨らませてしまいそうです。彼らの結婚生活のお話には、「夫夫円満」の秘訣となるエッセンスが散りばめられていて、僕も見習いたいなぁと思う点がいくつも。

この本を読み通して、印象に残ったのは、LGBTを取り巻く環境の変化。
ストーンウォール事件の頃に高校生だったパトリック氏が徐々にゲイとして自分らしい人生を歩んでいく過程は、アメリカにおいてゲイが自由を獲得していった過程と重なります。パトリック氏が生まれた年は米国政府が同性愛者であるという理由で5000人以上の公務員が解雇された、そんな時代ですから、社会の急激な変化を実感されているんだろうと思います。まだまだ、これからも色んなことが変わっていくはず。

ポチッとなー!
スポンサーサイト

thread: 同性愛・両性愛

janre: 恋愛

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://secretomio.blog60.fc2.com/tb.php/1023-22770af8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top