07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2016

03/14

Mon.

23:28:08

桜の呪い 

Category【J-POP

今日テレビをつけたら、たまたま「しくじり先生」にシンガーソングライターの河口恭吾が出ていました。
僕、河口さんの曲はけっこう聴くんです。アルバムはほぼすべて持っています。
河口さんをテレビで見かけるなんてこと、今となってはほとんどなくなってしまったので興味を引かれて観てみたのですけど、なんだかな~というカンジでした。笑

河口さんのしくじりの内容は「安易に桜ソングに手を出して一発屋に終わったこと」というものでしたが、中身があまりない気がして、とりあえずテレビに出たかっただけではないだろうか、という印象。笑
イベントで歌っていたり、カフェでライブをしていたり、地道に活動している印象ですが、それだけではやはり厳しいのでしょうか。なかなか厳しそうな世界です。

安易に桜ソングを作ってしまったがために、「桜」を超える曲が出せなかったと言いますが、それは河口さん自身の問題であって、そもそも桜がヒットしなければ今のような知名度すらなくてシンガーソングライターを続けられたかもわからないと思うので、一発屋で終わったことと桜を繋げるのは違うかなと思いました。
中身を見ていても、無理やりネタをひねり出してきた感があったので、河口さんとしても本意で喋っているわけではないかもしれないですが。せっかくテレビ出ても印象良くなったわけでもなく(むしろ悪い?)、なんだか不発に終わったように思えて残念です。

と言いつつも、僕は河口さんの実力は買っていますし、桜より良い曲もたくさんあると思っています。過小評価されているアーティストのひとりだと思います。たしかに桜以降全然売れていないんですけど…笑

桜みたいに綺麗な曲もあれば、「会社をやめて旅に出よう」みたいな脱力系(?)な曲もあったり、都会での恋愛を歌った曲もあったりで、なかなか引出しも多いと思いますし、アルバムは毎回コンセプトがしっかりしていて素敵な仕上がりだと思うのですけどね。

テレビ出演が不発に終わってしまった河口さんですが、少しでも河口さんの良さが伝わるよう、ここで僕のオススメを紹介しておきます。笑

「会社をやめて旅に出よう」
桜のイメージとは裏腹な勢いのある曲。タイトルの通り、日々のしがらみから解き放たれたいときに。笑
こんなタイトルの曲なのに、テンション上がるので、僕は就職活動中よく面接前にこの曲を聴いていました。笑

「夢の真ん中」
河口さんの切ない系ソングの中で最も好きな1曲。
河口さんの歌声は切ない曲にハマりますね。

「恋する雲雀は唐紅」
曲もすごくお洒落だし、なんといっても河口さんの歌声がかっこよすぎます。

最近はカフェライブっていう、カフェでコーヒーやご飯を楽しみながら河口さんの歌を聴くという、素敵でこじんまりとしたライブツアを行っているんです。今年は東京でも開催予定なので参加してみたい。

ポチッとなー!
スポンサーサイト

thread: おすすめ音楽♪

janre: 音楽

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://secretomio.blog60.fc2.com/tb.php/1080-bf137571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top