FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2016

12/28

Wed.

16:39:14

骨董日記 

Category【毎日

骨董市へ行ってきました。
規模の大きい骨董市なので、見ているだけで楽しい。アンティーク市や骨董市は来ている人も面白い人が多いので、人を眺めているだけでも面白いです。
今回は武士みたいな恰好をした若者を見かけました。売り物の兜の品定めをしていましたが、兜つけて戦にでも行くのでしょうか。

骨董と一口にいっても、ジャンルは様々で、壺やら焼き物を売っている店もあれば、古い生地や着物を売っている店、絵画や版画を扱う店やボタン専門の店、凡人にはガラクタにしか思えないものを売っている店など…笑
骨董市を訪れる人が探し求めているものも様々で、使い古したガラス瓶たちを一生懸命眺めている人がいたり、古ぼけた壺を値切っている人がいたり、門外漢からすると「なんでそんなものが欲しいんだ」と思うこともしばしば。笑
ちなみに僕はいつもコーヒーカップや焼き物を眺めています。

今回の収穫は、ティーボールを初めて目にしたことでしょうか。
ティーボールというのは、イギリスに中国やインドからお茶が輸入されるようになった17世紀半ばに、お茶を飲む器として中国から伝わった茶碗のことです。
骨董日記161219

こんなやつ。ソーサー付きのお洒落な湯呑。
現在はこんなカップを目にしないことからもわかるように、段々と把手のついたカップが主流となり、19世紀にはほとんど姿を消してしまいました。


というわけで、今まで見たことがなかったのですが、今回西洋人のおじさんがやっている店に置いてありました。1700年代後半のロイヤルクラウンダービー社のカップが数客。お値段を見たらいずれも3万円近くしました。
いつかひとつくらいほしい。笑

ほかにも、いいなーと思ったマイセンのアンティークカップがあったのですが、そちらも3万円くらいしたので諦めました。笑
お洒落な葉っぱデザインと白鳥を象った把手が面白かった。

ポチッとなー!
スポンサーサイト



thread: art・芸術・美術

janre: 学問・文化・芸術

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://secretomio.blog60.fc2.com/tb.php/1162-95657c0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top