07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2017

03/21

Tue.

00:00:20

マティスとルオー展(パナソニック汐留ミュージアム) 

Category【美術館めぐり

マティスとルオー展パナソニック汐留ミュージアムで開催中のマティスとルオー展を観てきました。

パナソニックミュージアム初めて行きましたが、ルオーのコレクションが充実してるんですね。

フランスの国立美術学校でともに学び、生涯友人として交流を続けたマティスとルオー。そんな2人の作品を手紙のやりとりとともに鑑賞できる展覧会です。少し前に東京都美術館でやっていたゴッホとゴーギャン展と似たスタイル。ゴッホとゴーギャンの仲はときにギクシャクしたり、ゴッホが発狂したりで危なっかしい感じがしましたが、マティスとルオーは終始和やかで安定した交友関係を築いていたようで安心して見れました。笑

パナソニックミュージアムがルオー作品たくさん所蔵していることもあって、マティスよりルオーの作品が多かったです。マティスは1905~1908年あたりに盛んにフォービスム(野獣派)の作品を描いていたそうですが、今回展示されていた作品はもっと後期のものだったので、色彩もいくぶん落ち着いた作品が多く、いわゆるマティス的なビビッドな色彩が目を引くような作品は少なかったです。

ルオーもフォービスムの画家として分類される(本人は否定していた)ようなのですが、マティスとはまた一味も二味も違った作風です。ルオーの作品をきちんと鑑賞したのは今回が初めてだったのですが、なかなか好きだと思いました。
マティスとルオー展荒々しい筆致や独特な色遣いが印象的でした。暗めの色彩の作品が多いし、突飛な色の使い方や組合わせをしているように思うのですが、それでも不思議とまとまっているというか、落ち着く感じがして良かったです。一緒に行った友人はルオーの絵は暗いから、マティスの方が好きと言っていました。好みは人それぞれですね。

ルオーの作品が気に入って、鑑賞後にショップで購入したポストカードはすべてルオーの作品になってしまいました。もっと他の作品も見てみたい。出光美術館もルー作品所蔵しているようなので、展覧会やってくれないかな。
スポンサーサイト

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://secretomio.blog60.fc2.com/tb.php/1185-8afe48f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top