07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2017

06/25

Sun.

21:14:53

シャセリオー展(国立西洋美術館) 

Category【美術館めぐり

シャセリオー展(国立西洋美術館)もう1ヶ月以上も前ですが、国立西洋美術館のシャセリオー展に行ってきました。

この展覧会行くまでシャセリオーのことは名前も知らなかったのですが、ロマン主義を代表するフランスの画家だそうです。

ロマン派の作品をしっかり見るのは初めてだったと思います。ロマン派というとドラマティックなイメージです。そもそもが神話や聖書の話をモチーフにしている作品が多いので題材からしてストーリー性があるわけですが、物語のワンシーンを切り取ったような臨場感のある作品が素敵でした。
シャセリオー展(国立西洋美術館)
宗教画も多かったのですが、個人的には肖像画が印象的でした。今回展示されていた肖像画はシャセリオーが個人的に親しい人物を描いた作品が多かったのですが、どれも素敵にかっこよく描かれていて、これは描いてもらったらすごく嬉しいだろうなぁと。ぜひ自分も描いてほしい。笑

とりわけ、チケットにも描かれている「カパリュス嬢の肖像」はとっても優雅で透き通るような美しさが印象的でした。頭に載せてる花飾りが素敵ですよね。


シャセリオー展(国立西洋美術館)
37歳という若さでこの世を去ってしまうシャセリオーですが、キャリア後期の作品は、異国の情景を描いたものが増えてエキゾチックな雰囲気です。27歳の頃に行ったアルジェリア旅行がインスピレーションになったのだと言われています。この頃の作品は色使いが多彩です。

例えば右の絵は女性の服が半分ずつ色違いで描かれていてお洒落。筆致もキャリア前期の作品とは違って素朴な感じがします。



シャセリオー展(国立西洋美術館)シャセリオー展と同じタイミングで「スケーエン:デンマークの芸術家村」という展示も開催されていたので見てきました。スケーエンとはデンマーク最北端の街。多くの芸術家が移り住んで芸術家村のようになり、スケーエンの風景や日常を描く「スケーエン派」が生まれました。

スケーエン派の代表的な画家ミカエル・アンカーとペーダー・クロヤーの作品が多く展示されていました。一番好きだったのはクロヤーのこの絵。「スケーエンの南海岸の画家たち」という作品。写真ではわかりづらいのですが、陽の光が降り注ぐ感じや水面にキラキラ反射している感じがとても気持ち良い絵でした。

ほかにも、「室内で魚網を直すクリストファー」というクロヤーの作品がかっこよかったのと、ホルガー・ドラックマンという画家の作品が印象派みたいで好きでした。
シャセリオー展(国立西洋美術館)シャセリオー展(国立西洋美術館)
「ついでに…」ってな感じで覗いてみましたが、実はとても楽しい展示でした。
スポンサーサイト

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://secretomio.blog60.fc2.com/tb.php/1206-5dd31448
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top