FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2017

11/30

Thu.

21:48:57

北斎とジャポニズム展(国立西洋美術館) 

Category【美術館めぐり

北斎とジャポニズム展先日有給を取ったんです。目的は上野で開催中のゴッホ展を見に行くため。土日はかなり混みそうですからね。

平日だしそこまで混まないだろうと踏んでいましたが、ちょいと早めに朝10時半に上野着。平日なのに人多いなぁと思いつつ、会場の東京都美術館に到着、するとなんと!すでに60分待ち!!!平日にも関わらず朝からこんだけ混むとはゴッホ展恐るべし!!!と行列を前に立ち竦んでしまったのですが、どうやらその日(第3水曜日)は東京都美術館のシルバーデーということで、65歳以上の人は入場無料の日とのこと。OMGそんな日があるのか、っていうか入場無料って羨ましい…。確かに行列の8-9割はシニアな方々。上野駅の改札出た時からじぃさんばぁさんが多いなぁと思ってはいたのですが、ここに集結していたとは…!!!

さすがに60分待ちは諦めました。せっかく平日に来たのに下手したら休日より混んでるレベルだし。

というわけで、気を取り直して向かったのが国立西洋美術館の北斎とジャポニズム展。こちらもいずれ行きたいと思っていたので。

19世紀後半、葛飾北斎の浮世絵をきっかけにヨーロッパの芸術に起こったジャポニズムを特集した展覧会です。日本に初めて西洋の絵画が入って来たとき、日本の画家は遠近法や写実的・立体的な描き方に影響を受けましたが、日本の浮世絵も西洋画にはない構図の取り方や平面性で西洋の画家に大きな影響を与えました。

今回の展示では、西洋の画家の作品と、モチーフや構図などで関連があると思われる北斎の作品とが並べて展示されていました。確かに関連がありそうだ、というものから、ちょっと無理を感じるようなものまで、関連度はいろいろでしたが。笑

モネやゴッホ、ドガなど人気のある画家の作品も多いせいか、平日でもけっこう混みあっていました。ドガの踊り子の作品を見ることができたのが良かったです。
ドガは印象派グループの画家の中で、印象派展を取り仕切る役割を担っていたそうですが、正確には彼自身は印象派ではないし、ほかの印象派の画家をちょっと見下していたようだし、お高くとまった面倒くさい奴というイメージです。笑
北斎とジャポニズム展北斎とジャポニズム展
モネの「菊畑」は、モネ+菊っていう組み合わせが新鮮で印象的でした。
ひとつひとつの花に存在感があってとってもゴージャス。
北斎とジャポニズム展
花の絵つながりで、ゴッホの「ばら」
これもすごく素敵でした。絵具の厚塗りで表現したばらの花が絶妙!

キャンバスも小さいサイズですごくかわいい作品です。飾りたい。




今回の展示で一番好きだったのは、意外にもピエール・ボナールの「下校する子どもたち」という作品。雨がっぱを着て雨の日の様子だと思うのですが。使っている色はどれも地味なのにどこかお洒落な雰囲気があって好きです。
北斎とジャポニズム展
この絵地味だし、今回の展覧会でもボナール特に目立ってたわけじゃないし、ポストカード無いだろうなぁと思っていたら意外にもポストカードになっていました。嬉しい。しかし、あると思っていたドガのポストカードはほとんどありませんでした。もう売り切れていたのかな。

近々ゴッホ展リベンジしなければ。ちなみに上野の森美術館の「怖い絵展」は平日10時半の時点ですでに80分待ちでビックリ仰天しました。



スポンサーサイト

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://secretomio.blog60.fc2.com/tb.php/1242-5a0c27d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。