FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2018

06/20

Wed.

21:41:38

ターナー 風景の詩(損保ジャパン日本興亜美術館) 

Category【美術館めぐり

ターナー 風景の詩(損保ジャパン日本興亜美術館)180617損保ジャパン美術館で開催中のターナーの展覧会へ。思ったよりも人が多かった。

印象派、さらには抽象画の先駆けともいわれているイギリスの画家ターナー。ずっと気になっていたのですが、ターナー作品をしっかり見るのは初めての機会。風景画の多いターナーなので、今回の展示は、キャリア初期、海の風景画、山の風景画といった具合でテーマ別に展示されていました。

1775年生まれのターナーは、ロマン主義の画家とされていますが、40歳頃から印象派を彷彿とさせる光や空気の気配を表現した作品を描くようになります。印象派を彷彿とさせる、と言っても、モネが「日の出 印象」を発表する何十年も前ですから、むしろ印象派の絵がターナーを彷彿とさせる、と言うべきでしょうか。それくらい時代を先取りしていたターナー。
ターナー 風景の詩(損保ジャパン日本興亜美術館)180617
こちらはストーンヘンジを描いた作品。周りに描かれているのは雷に打たれた羊たちだそうです。雲の大胆な描き方や、光の表現がかっこいい。

ターナーの風景画って、日本っぽさを感じるものが多いなぁと感じました。モチーフや構図の取り方のせいでしょうか?
ターナー 風景の詩(損保ジャパン日本興亜美術館)180617こちらの絵はイギリスの海辺を描いた作品ですが、日本の画家による日本の風景画と言われても違和感を感じなさそう。描かれている木々の雰囲気とか、連なる山と海が一緒になった景色で、以前乗った伊豆のフェリーから見た景色を思い出しました。笑

個人的には、海の絵よりも山を描いた作品の方が好みだったのですが、解説で、山はこの時代絵画のモチーフとなることは少なかったと書かれていて、確かに西洋画家の山の絵って、パッと思い浮かばないかもと思いました。セザンヌのサン・ビクトワール山が思い浮かんだくらい。一方ターナーは山の風景や滝のある風景なんかもたくさん描いています。滝の絵も西洋ではあまり見かけないような。日本の風景画って、山国だけあって山を絵描いたものがたくさんありますから、そういうところも日本っぽさを感じるポイントなのかもしれません。
ターナー 風景の詩(損保ジャパン日本興亜美術館)180617
こちらは現実の風景ではなさそうな、ボヤッと幻想的な雰囲気。こういう非現実的な作品から、最期はかなり抽象的な作品も描くようになっていったようです。今回の展示では抽象的な雰囲気の作品は少なかったですが印象派や抽象主義を先取りしたかのようなターナーの先進的なセンス、そして日本の風景画との親和性(?)を感じることができた展覧会でした。
スポンサーサイト

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://secretomio.blog60.fc2.com/tb.php/1293-2860bdbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。