09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2008

09/30

Tue.

23:18:09

サークル 

Category【僕の頭の中

こんばんは~


今日はなんだか頭がだるい、重い…

風邪ひいたかなぁ

この時期は体調管理に要注意ですね



なんか頭だるくて勉強とかする気にならないので

今日は帰ってからPCに向かってばっかです

余計頭だるくなりそうだけど…笑




検索ワードに

「同性愛 悩み」

とかいろいろ入れて検索してみました(笑)


自分自身同性愛者だけど知らなかったことも

たくさんあるな~と思いました


ウィキペディアで同性愛調べると

同性愛の定義みたいなことが

いろいろ解説されてたけど

同性愛にもいろいろあるんですね

難しくてパラーッとしか読んでないけど



同性愛で悩んでいる身としては

そういう知識もないといけないんじゃないかな

って思った。

また時間があるときにじっくり読んでみよう




いろいろ調べてたら

LGBTのサークルを見つけました


いろいろあるんですね

スポーツサークルとか

みんなで集まってお喋りするだけのとか


大学とかにもあって

探したら僕の大学にもありました!!

全然知らなかったからびっくり

まぁ公認のサークルではないのでね



ちょっと興味あるけど

入ったらバレるんじゃないか?友達とかに

もちろんそのサークル内ではバレないようにするんだろうけど

集まってるとこ友達に見られたりしたら
(学食で昼休みに集まってランチするらしい)

どう言い逃れればいいのか…

「え?サークル入ってんの?何のサークル?」

とか聞かれたら…(゜mm゜`;)

「え、いや、その…オーラン…みたいな?」

いや、僕にはそんな嘘を突き通すことはできない!笑



でも、お忍びで行ってみたいかも

どんな人がいるのか気になる

身近に自分みたいな人いないから
(いても隠してるだろうからわかんない)

他の人がどんなこと考えてるのかとか

どんな恋愛してるのかとか

直に聞いてみたい



自分と同じような境遇の人の前だったら

本当の自分らしくいれるのかな?


大学入ってから

本当の自分って何なのかよくわからなくなった



もともと八方美人なところがあって

自分を隠しがちだったんだけど

そこに同性愛者であるという秘密を抱えている

っていう要素が加わって

なんだか自分がよくわからなくなった




今までいろんな人と出会ってきたけど

僕は今まで異性愛者としての「僕」を演じてきたわけだから

みんなの思っている「僕」と本当の「僕」の間には

ギャップがあるわけで

みんなの中の「僕」は僕の中の「僕」じゃない

でも現実には

みんなの中の「僕」に合わせて生きてるんだけど


本当の「僕」は僕の中とこのブログの中にいる

ブログ始めてから

思ってること吐き出せるようになって

前より少し楽になったけど


もっと楽になりたい

この窮屈さから抜け出したい


っていう気持ちも大きくなってきて

なんだか別の自分を演じるのがバカらしく思えたりする


好きな女性のタイプ聞かれて

そんなの無いからウソ答えたり

みんなに合わせて彼女欲しいなー

とか言ってみたり


バカらしいし、虚しい



友達に同性愛者だって告白したらどうなるのかな

って考えることも増えた


ゲームみたいにリセットボタンがあれば

カミングアウトして、万一良くない状況に陥っても

やり直せるのに

なんて思う


こんな考えいけないけどね


当たって砕けろ!!



でも、カミングアウトについて最近良く考える

したら楽になるんじゃないかって気もする

でもリスクが大きい

家族も悲しむんじゃないだろうか




まだまだする勇気は無い



まぁ、でも

考える時間はたくさんある

一生付き合ってく問題だし!








ちゃんと前向いて

最   大   限

自分に正直に生きることが

今の僕に必要なことだ、きっと



「自分に正直」ってのが大切だ

同性愛者であること抜きにしても

僕は自分に正直ではないと思う


だから最大限自分に正直でいよう




今日はなんかシーリアスなカンジになってしまた




でもLGBTサークル興味あるなー



またいろいろ調べてみよ








バナー
スポンサーサイト

[edit]

page top

 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/10/01 01:05 |  |  #  edit

↑のコメントの方

ですよね。

女の子を好きになれるんじゃないかっていう現実逃避もすごいわかります!
好きになれないってわかってるのに、ムリに好きになろうとしてる自分がいたりして…


ちゃんと受け入れてくれる友達なら、本当の友達ですね!
でもまだ怖いな
明らか嫌悪されそうな人とかいます(笑)

2008/10/01 09:26 | URL | ぶっち #.LktJGrg  edit

はじめまして

ブログランキングを見ていてたどり着きました。
コメントさせていただくことをお許しください。。

僕もぶっちさんと同じような境遇でした。
僕も違う自分を演じて(もちろんそれも自分の一部なんでしょうが)生きてきたような気がします。
いつか自分らしく生きていけるといいですよね。

2008/10/01 10:46 | URL | tomo #-  edit

tomoさん

はじめまして、コメントありがとうございます!

違う自分はやっぱり違和感がありますよね。
違う自分のままではどんなに仲が良くても隔たりを感じてしまったり…

同性愛者、異性愛者という違いが当たり前のように受け入れられる日が来るとイイですね。

2008/10/01 23:04 | URL | ぶっち #.LktJGrg  edit

No title

はじめまして。

なんだか、今回の記事を読んでいて、以前の自分を見ているようで、なんだか痒いところに手が届かない想いでコメントにきました^^

ぶっち.Gさんは、まわりに嘘をつくのに後ろめたさとかもあるんじゃないですかね?
自分の本質的な部分なのに、本音で付き合えていない人間関係にも。
ボクも、これまで打ち明けてしてしまいたいと望みながらも、その後のコトを想像すると、勇気が出ずに、コレまで来てしまったクチです。
カミングアウトした後の反応は、人それぞれバラバラだと思います。
一種の賭けですかね。。
なので、結果としてよかったとか、しなければ良かった、みたいなコトにもなりかねないですね。

最近まで、ボクも打ち明けたいばっかりでしたが、ある方に頂いた言葉で、だいぶ気の持ち方も変わった気がします。
こういう考え方もアリかなと。
その一部を拝借しますね。
多種多様な現代社会においてペルソナは必要不可欠なものだと思うのです、正直にありのままに相手とやり取りをすれば価値観の違いからトラブルも起きます。

そして知能の高い者ほど、それを回避することに長けていると云えます。

家族構成、国籍や宗教の違い、性交や出産に影響する病、マイノリティな性嗜好など“結婚”のキーワードに敏感な反応をしてしまう人は星の数ほどいます。


LGBTサークル
ボクの時代は、そういう情報にありつけなくて、一人で悶々としていましたが、良い時代になりましたね。
いろんな価値観をみられそうですね^^v

2008/10/02 23:08 | URL | まさる #-  edit

まさるさん

コメントありがとうございます!!

そうですね、後ろめたさはあるのかもしれません。
すごく仲の良い友達にも嘘をついていると思うととても寂しくなりますね。

やっぱカミングアウトは賭けですよね。
受け入れてくれる人もいれば、拒絶してしまう人もいる
そんな中で、自分がもっと自分らしくなれるのか
それとも余計に苦しくなってしまうのかはわからないですもんね。


とても考えさせられる言葉ですね。
「ペルソナ」の意味知りませんでした(笑)

確かに、今の社会は様々な価値観が存在していますが、それらが互いに共存しているかと言えば、そうではないですよね。
そんな中で仮面(ペルソナ)をとってしまうのはあまりに無防備ということですね。
僕の友達にも、同性愛についてネガティブな意見をする人がいます。
それを見ると、「この人には絶対言えないな」って思います。

最後の文は、(結婚という視点から見た場合に)同性愛者であるということも宗教や国籍の違いの様な価値観の1つに過ぎないということでしょうか。
そう言われると、なんか少し肩の力が抜ける気がします。

もっと時間をかけて考えたいと思いました。
でも、あんまり悩むんじゃなくて、将来の夢とか将来設計描くみたいに考えられたらイイかなって思いました(笑)

「何歳までに結婚して~…」なカンジで
「何歳までにカムアして~…」みたいな(笑)
そんな軽いノリじゃないですけど…

でもやっぱり、今は出来ないなと思います。


ホントにインターネットはありがたいですね!
1人じゃないんだなって実感できます。
いろんな情報にありつけて、ブログで思いを吐き出すことも、こんなふうにコメントを頂くこともできて!

実際に行くかはわかりませんが、気になります(´ω`)

2008/10/03 00:50 | URL | ぶっち #.LktJGrg  edit

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://secretomio.blog60.fc2.com/tb.php/23-c25a1ea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top