05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2009

12/15

Tue.

01:03:11

同性間関係における権利保障制度 

Category【LGBT学

先週書けなかった「セクシャリティと人権」の授業についてやっとこさ書いてみる。



この講義では同性間の関係を保障する制度について諸外国の例を参考に学びました。


簡単にまとめてみる…


まずは、海外の事例に見る同性間関係の不平等な扱いについての2つの事例。

一つは、1999年のポルトガルでの事件

簡単に内容を説明すると

○1999年、ダ・シウヴァ氏は妻と離婚した後、子どもの親権を元妻から自分へ移行することを求め裁判所に訴えた。

○ダ・シウヴァ氏はバイセクシャルであり、離婚後は男性と同居していた。

○裁判所はダ・シウヴァ氏が同性愛者であるという理由だけで彼への親権の移行を拒否した。


二つ目は、2003年オーストリアでの事件

○同性愛者のカルナー氏は彼のパートナーの男性と一緒にマンションを賃貸して住んでいた。(借主はパートナーの男性)

○ところが、カルナー氏のパートナーの男性が急死。

○マンション側は、借主だったパートナーの死亡を受け、同性カップルであることを理由に、カルナー氏に一方的な賃貸契約の解除を通告した。(夫婦や男女カップルの場合は通常、借主が死亡しても契約を続行できる)


どちらの事件も、ヨーロッパ人権裁判所で性的指向に基づく差別であるという判決が下ったようですが、同性愛者への不平等な扱いや同性パートナーへの権利保障がまだまだ不十分なのは明らかです。




日本では同性パートナーに対する権利を保障する制度はないですが、海外にはさまざまな形で同性パートナーを制度化している国もあります。


オランダ、ベルギ、スペイン、ノルウェー、スウェーデン、カナダ、南アフリカの7カ国は、同性カップルの「婚姻」を認めています。

  男×女   → 結婚

男×男or女×女 → 結婚


ドイツやイギリス、一部の北欧諸国では、婚姻と並列する別制度によって同性カップルの権利を保障しています。

  男×女   → 結婚

男×男or女×女 → 保障される権利の内容は同じだが、結婚とは異なる制度


フランスのPACS(民事連帯契約法)のように、婚姻未満の関係として保障する形式もあります。
PACS…「同性または異性の成人2名による、共同生活を結ぶために締結される契約」(フランス民法第515-1条)
結婚よりもカヴァーされる権利が少ない。結婚未満の制度(準婚)

  男×女   → PACSもしくは結婚  
        
男×男or女×女 → PACS(フランスでは婚姻は異性間のみ認められるため結婚は不可)



ちなみに、上に挙げた国のように同性間の関係を認めている国がある一方で、同性愛が認められず、同性ップルはもちろん、同性間の性行為が死刑に値する国が5ヶ国もあります。




このような同性カップルの権利保障制度をめぐる議論として、

・同性カップルの制度を創ることによって、「婚姻」や「家族」の持つ伝統的・宗教的な価値が保持できなくなるという意見(しかし、現代の家族形態は近代以降に形成され、「伝統」や「宗教」という言葉の元に正当化されてきた)
  
・同性カップルの子どもへの影響や同性カップルとその子どもの関係の捉え方に関する議論

・婚姻以外の保障制度では、同性間関係を特殊化(あくまで基本は異性間であり、同性間は例外・特別とみなされる)させ、二流市民化してしまうという意見


といったものがあるようです。


婚姻以外の制度で同性パートナーの権利を保障しても二流市民化してしまうという意見はとても頷けます。
同性愛者が一番求めてるのは、自分たちの存在が認められ、異性愛者と同じように扱われることだと思います。
だから、「同性愛者のための制度」というのでは、十分に自分たちの人権が守られているとは言えないと思います。





日本の法制度なんかについてもお話していたのですが、めんどくさいのでこのへんでw




その先生が言っていたことでとても印象的だったのは

ジェンダー論などで扱われる従来の女性を抑圧する社会構造は、セクシャリティーという概念を排除した上に成り立っているということ。

つまり、異性愛を規範とする社会構造や法制度がそのような構造の原因になっているのではということ。

現在の社会構造においては、男と女、完全に二分化された性しか存在しない。

そこにゲイ、バイ、レズビアン、TSのようなセクシャリティの存在を認めれば、女性を抑圧する構造は変わっていくのではないか。


僕の読み取りが正しければこういうことだったと思うけれど…



またジェンダーやセクシャルマイノリティーに関する授業があれば受けたいなと思いました。



ポチットなー
スポンサーサイト

thread: 同性愛・両性愛

janre: 恋愛

[edit]

page top

 

コメント

ぶっち君、すごい。
きちんと講義を聞いて覚えている!

女性を抑圧…
それって紀元前からの根の深い年季の入った筋金入りの
オスのDNAに刻み込まれていそうなくらいの問題に思えちゃう

セクシャルマイノリティ-はまた根が違うような…
法的に整備するとか国が動かないと
人々の意識も動かない気がするなぁ、日本では

2009/12/15 19:41 | URL | ぽってぃ #-  edit

ぽってぃさん

授業で使ったレジュメに講義聴きながら書き込んでたんですφ(・ω-`)カキカキ…

確かに、女性が抑圧されがちで男性優位なのって、オスの性とメスの性が関係してたりしそうですけどねー。世界のどっかには女性優位の社会もあるって話も聞いたことあるような…!?
でもでも、相当根深い問題ですよね。

今の日本には、セクマイへの差別を禁止する法律がないので、差別が何なのか、どういうことが差別になるのかということが明確に示されておらず、暗黙的に差別行為が行われているみたいです。法整備は必要ですね。
だけど、同性婚のような制度を新たに創る場合には、人々の意識を変えてからでないと難しいのかなーって思います。カリフォルニアでも同性婚が住民投票の結果禁止になりましたし(´+д+)

2009/12/16 22:33 | URL | ぶっち #-  edit

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://secretomio.blog60.fc2.com/tb.php/244-c5993e96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top