07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2010

04/07

Wed.

13:05:51

LGBT・セクシャルマイノリティ 

Category【LGBT学

セクシャルマイノリティの方以外にもこのブログを読んでくださる方がいるので、自分自身の勉強も兼ねて、セクシャルマイノリティについてちょこっと書いておきますφ(・ω-`)


<LGBTとは??>

非異性愛者の人々は、しばしば自分たち非異性愛者を総称する"LGBT"という言葉を使います。

esbian…レズビアン。同性を恋愛や性愛の対象とする女性。
ay…ゲイ。同性を恋愛や性愛の対象とする男性。
isexuality…バイセクシャル。同性・異性を恋愛や性愛の対象とする人。
ransgender…トランスジェンダー。出生時の法的・社会的な性別と異なる性別として生きる人、もしくは生きたいと望む人。さらに、性転換手術などで肉体を望む性別に変える人をトランスセクシュアル(Transsexual)と言います。

トランスに関しては、女性から男性への移行を望む人をFtM(Female to Male) 、男性から女性への変更を望む人をMtF(Man to Female)と言います。移行する性別を特に定めない人をFtXもしくはMtXと言います。

GID(性同一性障害)の人もトランスジェンダーに含まれるようです。

ちなみに、異性愛者は、(ヘテロセクシャル Heterosexual)です。
普段の会話などでは「ストレート」、「ノンケ」と呼んだりもします。


LGBTのうち、"LGB"は性的指向に関わるもの、"T"は性自認に関わるものです。

性的指向とは、どの性別を恋愛や性愛の対象にするかということです。
性的指向を自分の意志で変更することは不可能であるため、意志による選択の意味を含む「志向」や「嗜好」という字ではなく、単純に方向という意味を持つ「指向」という字を使います。

性自認というのは、自分の性別をどのように認識しているかということです。「心の性」と言ったりもします。
例えば、生物学的に女性の体を持つ人が、自分は男であると認識していれば、その人の性自認は男性ということになります。




LGBTの4つのセクシャル以外にも、Asexual(無性愛)やIntersex(半陰陽、両性具有)、Questioning(セクシャリティが未確定)、Pansexual(全性愛)などが加わることもあるそうです。

このようにセクシャリティを分類するのは、あくまで便宜的なものです。すべての人がこのような枠にスッキリ分けられるわけではありません。

セクシャリティが定まらない人、あえて決めない人、バイだけどゲイ寄りの人、自分の性的指向は流動的だという人…というようにセクシャリティは人の数だけあるといっても過言ではないくらい多様です。

いろんな人がいるんですよ。

友達にも、体は女だけど、中身は男。だけど好きになるのも男。という、1回聞いただけでは??ってなっちゃうような、少しややこしいセクシャリティの子もいます。

つまりトランスであり、ゲイであるということ。

体は女の子だから、男の子を好きになっても、傍から見ればノンケなんだけど、本人からしてみればそんなカンタンなコトじゃないですよね。中身は男なんだから。


その子に出会って思ったのは、僕はゲイだけど、セクシャルマイノリティの中ではマジョリティなんだなぁっていうコト。

セクシャルマイノリティっていうと、どうしてもゲイやビアンといった「マイノリティの中のマジョリティ」が目立ってしまうけど、その陰に隠れてしまっている「マイノリティの中のマイノリティ」に目を向けることもすごく必要だなって思います。

セクシャルマイノリティについて考えるときには、セクシャルマイノリティの当事者であるのだし、自分が「マイノリティの中のマジョリティ」であることも意識して、「マイノリティの中のマイノリティ」の存在もしっかり心に留めておかなくては、と思います。






参考:
『LGBTと医療・福祉』 QWARC
『セクシュアルマイノリティ‐同性愛、性同一性障害、インターセックスの当事者が語る人間の多様な性』 セクシュアルマイノリティ教職員ネットワーク
Wikipedia "http://ja.wikipedia.org/wiki/LGBT"
スポンサーサイト

thread: 同性愛・両性愛

janre: 恋愛

[edit]

page top

 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/04/07 16:43 |  |  #  edit

むぅ。勉強になった。

マイノリティの中のマジョリティは矢面に立たされる分、理解も多いんでしょうねぇ。マイノリティの中のマイノリティだと、セクシャル問題だけでなくいろんな分野においてもなかなか理解されにくいし、そういうものって大抵がタブー視されているからなかなか知る手段がないよね。。表にあがってきても好奇の目に晒されて終わり、とかで本質に目を向けられないことが多いような気がする…。そんなときこそきちんと説明できる人間になりたい!とか思います。

2010/04/07 20:44 | URL | ぽってぃ #-  edit

LGBTってそういう略称だったんですね(汗)←ゲイなのに知らなかった人間

今回のぶっちさんの記事を読んで、一般に男と女で二分割されている『性』が如何に複雑なものかを改めて認識しました!

(僕もゲイとして、もっとそういうことを勉強しないと駄目だなぁ...。)

2010/04/10 19:21 | URL | ふくれき #-  edit

最近は「クィア」のQを足してLGBTQっていう言い方も聞くし、私が学生だった頃に比べると、セクシュアリティ&ジェンダーに関する言葉って、どんどん進化…っていうか、増え続けている気がします。
それって、色んな人の存在が認められてきてるってことですよねv
そうやって色んな人の生き方が尊重されるようになれば、誰にとっても生きやすい社会になるはず!
こういうお勉強こそ必修科目にして欲しいなぁって思います☆

2010/04/12 11:01 | URL | あけぼの #-  edit

最近は「クィア」のQを足してLGBTQっていう言い方も聞くし、私が学生だった頃に比べると、こういう言葉って、どんどん進化…っていうか、増え続けている気がします。
それって、色んな人の存在が認められてきてるってことですよねv
そうやって色んな人の生き方が尊重されるようになれば、誰にとっても生きやすい社会になるはず!
こういうお勉強こそ必修科目にして欲しいなぁって思います☆

2010/04/12 11:02 | URL | あけぼの #-  edit

ぽってぃさん

日本だとそういう話ってタブー視されてるから見えにくいですよね。
僕も同じセクシャルマイノリティのことでも知らないことがたくさんあるのでちゃんと理解しておきたいと思いますφ(・ω-`)

2010/04/14 23:54 | URL | ぶっち #-  edit

ふくれきさん

僕このブログでもけっこうふつーに使ってたんですけど、実は当事者間でもあまり知られてないのかもですね!笑

本当に複雑ですよね~
友人にカムアするときとか、やっぱり自分含めセクマイのことをちゃんと説明できなくちゃいけないなぁって思うし、勉強してみるとイイと思います(^^)

2010/04/15 00:02 | URL | ぶっち #-  edit

あけぼのさん

そうですね、進化してますよね(^^)

いろんな人がいて、みんなそれぞれ違うっていうことを尊重できる人間になりたいです。
セクシャリティの分野はどうしても一部の興味のある人の目にしか触れないと思うので、ホント、学校の必修科目にしてほしいです。

2010/04/15 00:11 | URL | ぶっち #-  edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/04/20 23:01 |  |  #  edit

秘密コメのRさん

はじめまして!コメントありがとうございます♪

こういう情報って、普段普通に過ごしているだけじゃなかなか知る機会が無いですよね。
この記事を読んで、何か感じてくれたのなら、書いた甲斐がありました。

Rさんも恐らく当事者なのだと思いますが、自分を認められないのってとても辛いですよね。
けれども、世界にはいろんな人がいて皆それぞれ違うんだし、「これが自分!みんなと違って何が悪い!」ってくらいの勢いで、前向きに、強く生きていくことが僕たちには必要なんじゃないかなって思います。
一度しかない人生、セクマイだからって、ずっとクヨクヨして過ごすなんてもったいないですからね。

僕もまだ前向きに、強く生きているとはいえないけど、Rさんも一緒に頑張りましょうi-234i-189

これからもどうぞよろしくお願いします(^^)v

2010/04/21 11:45 | URL | ぶっち #-  edit

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://secretomio.blog60.fc2.com/tb.php/258-71cd8bcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top