06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2015

06/14

Sun.

19:34:29

ダイアモンドダストが消えぬまに(1987年)- 松任谷由実 

Category【聴いたアルバム

ダイアモンドダストが消えぬ間に [Tracks]
1. 月曜日のロボット

2. ダイヤモンドダストが消えぬまに
3. 思い出に間にあいたくて
4. SWEET DREAMS
5. TUXEDO RAIN
6. SATURDAY NIGHT ZOMBIES
7. 続 ガールフレンド
8. ダイアモンドの街角
9. LAST SUMMER LAKE
10.霧雨で見えない



ユーミンの曲を聴くようになったのはつい去年のことなのですが、ゲイ男子にも人気なユーミンなのに、なんで今まで聴かないでいたのか、自分でも不思議。たくさん素敵な曲があるというのに。そんな僕が初めて手にしたアルバムがこちら。

1987年リリースの19枚目のアルバム「ダイヤモンドダストが消えぬ間に」
”ダイヤモンドダスト”は、シャンパングラスの泡のことを指しているんだそう。
このアルバムから9作連続でミリオンセラーということで、まさに黄金時代の作品。

何の前情報もなしに、たまたま最初にこのアルバムを聴きましたが、このアルバムで一気にユーミンにハマりました。最初に聴いたアルバムがこれで良かった。数あるユーミンのアルバムでも名作のひとつに入るアルバムだと思います。

まず、このバブリーな雰囲気漂うジャケットがかっこ良すぎると思います。
収録曲もカッコイイんです。都会的な匂いと大人な雰囲気に満ちています。特に、③思い出に間にあいたくて。都会的な音と、切ない歌詞が素敵です。大好きな曲です。「10番線は最終列車」という歌詞から、大学時代によく利用していた新宿駅を連想していましたが、ユーミンもこの曲をつくるときに新宿駅をイメージしていたとのこと。

②ダイヤモンドダストが消えぬまには、1番が南半球で恋人とダイビングをして過ごした幸せなクリスマスのことを歌っていて、2番では1年後恋人と別れて、一人シャンパンを開けているクリスマスについて歌っています。1番のダイヤモンドダストは、ダイビングでの海中の泡、2番のダイヤモンドダストは、一人で眺めるシャンパンの泡ですね。シャンパンの泡で去年の海を思い出しちゃうんですね。1番と2番の対比で切なさもひとしお。
⑨Last Summer Lakeの郷愁溢れる雰囲気もすごく好み。シーズンの終わった湖畔の観光地の情景が目に浮かぶようです。自分こういう昔を振り返って郷愁に浸る系の曲が好きなんです。

切ない恋の歌が多いこのアルバム。テーマは「もののあはれ」とのこと。
なるほどですね。

「ダイヤモンドダストが消えぬ間に」  「霧雨で見えない」

ポチッとなー!!
スポンサーサイト

thread: J−POP

janre: 音楽

tag: アルバムレビュー 

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://secretomio.blog60.fc2.com/tb.php/850-dfed17dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top