06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2015

03/15

Sun.

08:14:04

Butterfly (1997) - Mariah Carey 

Category【聴いたアルバム

Butterfly (Mariah Carey) [Tracks]
1. Honey
2. Butterfly

3. My All
4. The Roof
5. Fourth of July
6. Breakdown

7. Babydoll
8. Close My Eyes
9. Whenever You Call

10.The Beautiful Ones
11.Outside


昨年のアジア・オセアニアツアーが終わって久しいですが、無事に終えたようで良かったですね。日本公演では声があまり出ていなかったので心配していましたが、喉の調子が良くなったのか他国での公演では日本より綺麗に歌えていた気がします。ちゃんと歌えるのはファンとして嬉しいですけど、日本公演の時にもそのコンディションで聴かせてほしかった。笑

さて、世界の歌姫マライア・キャリーの5作目のアルバム「バタフライ」。
元夫トミー・モトーラ(元ソニーミュージック社長)との離婚後初めての作品ということもあって、マライアさんがアーティストとして本格的にアルバム制作の舵取りができるようになったアルバムだと思います。「バタフライ」というアルバムタイトルも、音楽においても私生活においてもこれまでのしがらみから解き放たれて羽ばたく彼女を暗示しているかのようです。4作目の"Daydream"でR&B, Hip Hopの要素を取り入れ始めたマライアさんですが、このアルバムではさらにその要素が濃くなっています。ラップを融合させた曲や、フワフワと囁くような歌い方など、当時としては斬新な試みも見られます。今作と前作"Daydream"では得意のホイッスルボイスはほとんど使っていませんが、この頃の歌声が一番ピンピンしていると思います。

①Honeyは今でもライブで歌われるマライアさんの代表的なアゲ曲のひとつ。③My All、⑨Whenever You Callあたりの正統派バラードはさすがの出来。My Allの方が有名ですが、個人的にはWYCがお気に入り。④The Roofはわりと地味な曲なのですが、抑え気味な歌声とダークで大人な雰囲気がかなりツボです。⑤Fourth of Julyは爽やかな浮遊感が耳に心地良い。⑥Breakdown, ⑦Babydollの囁くような歌声+芯のある歌声を合わせたボーカルアレンジも素敵。Breakdownをはじめ、このアルバムの曲たちからは当時のマライアさんの心情が垣間見えるようです。

アルバムタイトルにもなっている②Butterflyは解放感溢れるスピリチュアルな曲。Butterfly(蝶)のイメージは、その後のマライアさんのシンボルにもなっている重要なものです。この曲(アルバム)が、彼女の音楽活動における新たなスタート、単なるシンガーではなくアーティスト・マライア・キャリーとしてのスタート、という意味合いを持っているのかもしれませんね。

Honey
マライアさんがスパイという設定のミュージックビデオ。

Whenever You Call (with Brian Mcknight)
Barian Mcknightの歌声めっちゃセクシー。マライアさんも若くて可愛い。
デュエットバージョンはベスト盤"#1's"に収録されています。
スポンサーサイト

thread: 洋楽

janre: 音楽

tag: アルバムレビュー 

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://secretomio.blog60.fc2.com/tb.php/859-70e7d78f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top