FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

男じゃつらいよ

日記と聴いたもの、見たものたちの備忘録

2015

04/04

Sat.

22:06:12

Demitasse Cosmos(三井記念美術館) 

Category【美術館めぐり

日記用新橋の三井記念美術館で開催されている展覧会「デミタス コスモス」に行ってきました。
その名の通りデミタスカップの展示会なのですが、カップ好きにはたまらない展示会です。

何を隠そう、僕もカップファン。コーヒーカップやティーカップを眺めるのが大好きですし、ちょっとずつ集めてみたりも…。笑

デミタスカップは通常のコーヒーカップの半量ほどの小さなカップ。エスプレッソやトルココーヒーを飲む際に使用されます。小さなカップに凝縮された芸術性は見る人の目を惹きつけて飽きさせません。

今回の展示会のほとんどの作品が、東京在住の鈴木康裕・登美子夫妻の個人コレクションとのこと。夫婦で40年かけて500点以上の作品を蒐集したのだとか。個人でこれだけのコレクションを揃えるなんてすごいことですね。

よくアンティークショップでカップを眺めるのですが、鈴木夫妻のコレクションはアンティークショップで見かけるものよりも保管状態が良い気がしました。あれだけのコレクションをどのように保管していたのでしょう。

コレクションの中心はマイセンやロイヤル・ダルトンなど欧州諸国の有名窯元のカップ。
金彩の施された華やかなデザインは見ていて飽きないし、なんだか幸せな気分にすらなってきます。笑

「あーこれ欲しい!」と思うような素敵なカップがたくさん。
いつかあんな素敵なカップでコーヒーを飲んでみたいものです。
日記用日記用
僕はどうやら紺地+金彩のデザインが好きみたい。
こういうカンジのもの(左)とか。上品な感じがたまりません。
瑪瑙(めのう)模様のカップ(右)もユニークで面白い。高いんだろうな~。

他にもイスラム文様のエキゾチックなデザインや、日本の伊万里風デザインなど、デザインが多彩でどれも素敵でした。素敵すぎて手元に置いておきたいと思わせるものばかり。コレクションしたくなる気持ちが良くわかります。
極東ロシア旅行
ちなみに、僕が今まで購入したカップで最も高価なものは、ロシアのインペリアル・ポーセリンのカップ。1万円ちょいでした。デザインも素敵だけど、先すぼみのカタチも可愛くてめっちゃ気に入っています。

今回の展示会でカップ好きにもさらに熱が入りそうです。またお金を貯めてお気に入りのカップを調達しよう。

素敵なカップで幸せな気分に浸ることができて、充実した休日となりました。

ポチッとなー!
スポンサーサイト



thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://secretomio.blog60.fc2.com/tb.php/953-820fcb80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top